三浦孝太 離婚 浮気が原因?吹田早哉佳は早々と30年の幼なじみと再婚

エンタメ

突然のことにあたまが付いていきません。

俳優の三浦孝太(みうらこうた)さんが自身のブログで離婚を発表されました。

元嫁は女優の吹田早哉佳(ふきたさやか)さんです。

さらに、吹田早哉佳さんは自身のインスタグラムで『入籍いたしました。』と、再婚を発表しています。

三浦さんと吹田さんの間には娘がいて、親権は吹田さんにあるそう。

展開が早すぎる。いったい何がどうしてこのようなことになったのでしょう?

詳しく調べていきます。

 

スポンサーリンク

三浦孝太、吹田早哉佳 プロフィール

三浦孝太 

  • 名前:三浦 孝太(みうら こうた)
  • 生年月日:1984年4月14日(33歳)
  • 出生地:東京都
  • 血液型: O型
  • 職業:俳優
  • 所属事務所:アンセム

 

吹田早哉佳

名前:吹田 早哉佳
生年月日: 1984年6月23日(33歳)
出生地: 富山県富山市
身長: 160 cm
血液型: AB型
職業: 女優
事務所: フリーランス

 

 

 

三浦孝太 吹田早哉佳と離婚 浮気が原因?

俳優の三浦孝太(みうらこうた)さんが自身のブログで女優の吹田早哉佳さんとの離婚を発表されました。

2人は2013年12月12日に結婚し、2014年8月10日に第1子となる女児が誕生しています。

そう考えると、女児が誕生してから3年以上経過しているんですね。月日が経つのは早いものです。離婚の原因は何なのでしょうか?

ブログでは、離婚理由については報告はありませんでした。

コメントでは

僕は何もしてあげられなかったし、ツラい思いばかりさせてしまったので、、これから新たな家庭で幸せになってもらいたいです。僕の本心です

引用:oricon news

 

と、記載がありました。

この『ツライ思い』というのが離婚の原因に直結しそうですね。いったい何なのでしょうか?

調べてみると、検索ワードに『三浦孝太 浮気』というものがありました。

しかしながら、浮気に関するニュースなどは無く、原因の根本と思えるものが見つかりません。

逆に、吹田早哉佳さんは、早々と再婚されています。

このことから、吹田早哉佳さんの浮気の方が可能性としては考えられるかと思います。

 

二人がいつ離婚したのかは明らかになっていませんが、この3年半の間に吹田早哉佳さんは出産・離婚・再婚をしているとなると、相当切り替えが早いように思いますが、真相はどうなのでしょうか?

 

 

 

吹田早哉佳の再婚相手は30年の幼なじみ

吹田早哉佳さんはインスタグラムで再婚を報告しています。

 

 

★ご報告★ 私事で大変恐縮ではございますが、この度入籍させて頂きました。 1人で子育てをしていた私を、ずっと友人として精神的に支えていてくれた30年来の幼馴染です。彼なら大丈夫。と、全ての人が太鼓判を押してくれるような人で、安心して彼についていくことを決めました。 娘にとって世界で一番好きなパパが出来たこと、そして今まで以上に毎日幸せそうに笑うようになり、何よりも嬉しく思います。 突然のご報告となり申し訳ございません。 あえてこのようにご報告するべきことなのかと悩みましたが、心配してくださっていた方の為にも、SNSなどでの誤解や混乱を招かない為にも、この場を借りてご報告させて頂きました。 温かく見守っていただけると幸いです。 2018年1月吉日  吹田早哉佳

吹田 早哉佳さん(@sayaka_fukita)がシェアした投稿 –

コメントにもあるように、お相手は1人で子育てをしていた私を、ずっと友人として精神的に支えていてくれた30年来の幼馴染ということ。

吹田早哉佳さんは現在33歳なので、3歳の頃から一緒だった人と再婚したことになります。ものすごく付き合いは長いように思いますね。

勝手な妄想ですが、吹田さんは三浦孝太さんと交際・結婚する前からこの30年来の幼馴染の事を思っていたのではないでしょうか。

そうではないとなかなか切り替えが早すぎるように思います。

 

 

3歳の娘の親権は吹田早哉佳に

三浦さんと吹田さんの間には娘さんがいます。2014年に誕生しました。

コメントを確認する限り、娘さんの親権は吹田さんのようですね。

三浦さんはコメントでは

「何より、娘には申し訳無い気持ちでいっぱいです。離れてからも娘の写真や動画を見ない日は無く、この先もずっとそれは変わらないです。一生僕の宝物です」

引用:oricon news

 

としています。

この様子からかなり可愛がっていたように思えますが、親権は三浦さんにはいかなかったんですね。吹田さんが新しい恋愛をするつもりなら三浦さんが親権を持つ方が良いのでは?なんて、思いますが、複雑な理由でもあるのでしょうか?

 

ちなみにネットでのコメントでは以下のようなものがありました。

奥さんも子供にとって「世界で一番好きなパパができた」と言っていますが、一番幸せになりたかったのは奥さんでしょうね。

 

このコメントはどこか刺さるものがありました。

何より、『世界で一番好きなパパができた』という吹田さんの言葉にはどこか違和感があります。これは、娘が自ら言うならまだしも、母である吹田さんが言う言葉ではないのではないでしょうか。

少なくとも、筆者が子供で両親がそのような状況であったらそうは思わないはずです。いや、思いません。下手したら成長するにつれてグレてしまう可能性だってあるでしょう。

 

それに、再婚相手の『30年来の幼馴染』の方もどのように思っているのでしょうか?相手の状況を考えての再婚なのでしょうか?子供の事も思っての再婚なのでしょうか?

 

娘さんが可哀そうに思うのはわたしだけでしょうか?

娘さんが健やかに育つことを願いたいです。

 

コメントをどうぞ