みやぞんは高校ではエースの4番で裏番長?喧嘩が強い理由・真相とは?

エンタメ

お笑いコンビ・ANZEN漫才の『みやぞん』さんが注目されていますね!

 

みやぞんさんと言えば、言わずと知れたギターを片手に即興を歌う芸人として有名で、

最近では『イッテQ』や『さんまのお笑い向上委員会』での先輩芸人との絡みがおもしろいです!

 

特にイッテQでは様々な企画のスポーツや芸に挑戦して成功されています。

その運動神経は超人的と言えるほど、目を見張るものがありますね。

 

そんなみやぞんさん、実は学生時代にも才能を発揮されており、

野球やボクシング界においてもその才能が見込まれていたとか!

 

詳しく見ていきます。

 

スポンサーリンク

ANZEN漫才みやぞん・プロフィールやWiki

  • 芸名:みやぞん
  • 本名:宮園大耕(みやぞのだいこう)
  • 生年月日:1985年4月25日(32歳)
  • 出身地:東京都足立区
  • 卒業校:東京都立荒川商業高等学校
  • 身長:172㎝
  • 血液型:A型
  • コンビ名:ANZEN漫才
  • 所属事務所:浅井企画

みやぞんは高校時代はエースで4番?130キロを超える球威と変化球を投げていた?

みやぞんさんは高校時代に野球をされていたそうです。

それまでの中学まではキックボクシングやテニスをされていたそうですが、ある日、野球部から転がってきたボールを投げて返してあげたところ、80メートルにも届く強肩を持っていました。

 

するとまさか!その時偶然にも都内の高校野球コーチが勧誘に来ており、その投げ返す様子を見ていた事がきっかけで、みやぞんさんに声がかかりました。

 

そんな熱血少年野球漫画・第一話のような信じられないストーリーですが、その事がきっかけで都立荒川商業高校に入学した後、野球部に入部したそうです。

 

宮損さんの運動能力は驚異的で、1年生からエースで4番に抜てきされたとか。

130キロを超える球威と変化球を投げ分け、野球専門誌に注目の選手として紹介されるほどの実力を発揮しました。

 

こちらがその画像です。

 

確かに顔はみやぞんさんですね!

エースとして野球で活躍されていたというのは本当のようです!

でも、ミーティングなどをするときにあの腰の低い高い声で話されるとちょっと笑ってしまいそうですね(笑

 

 

イッテQで披露される運動神経の良さはキックボクシングから?

現在はみやぞんさんは日本テレビ系の『世界の果てまでイッテQ!』にてみやぞんさんは企画『世界の果てまでイッタっきり』の枠で活躍されています。

 

以前の企画では、タイでムエタイに挑戦し、バナナ木を蹴り倒したり、イタリアのサーカス団に交じった時は空中ブランコまでされていました。

 

もちろんすぐにできるわけではなく、何日か練習してから挑戦するわけですが、失敗に終わることはほとんどないと言える程、様々なジャンルで成功されています。

運動神経の良さが凡人とは違いますね!

 

そんなみやぞんさんの運動神経の良さは、幼少期・学生時代から発揮されていたようです。

 

最初は小学5年生の時に始めたキックボクシングから!

当時、遊び半分で忍び込んだ運送会社の倉庫に置いてあったサンドバックで遊んでいたそうです。

秘密基地的な感じでしょうか?小学生にはよくありますよね。

 

そこに、たまたま見ていた元チャンピオンの社長と出会い、みやぞんさんの強烈なパンチ力とセンスを見込まれキックボクシングを始めたそうです。

 

そのまま中学生になってもキックボクシングは続けたそう。

その結果、当時、ゲームセンターのパンチングマシーンで 216kgを記録したとか。

 

一般人がやってもそこまでの記録は普通でないですよ。。

 

中学からはテニスも始め、足立区で準優勝の成績。

テニスの強豪校である日大系付属高校から推薦の誘いが来たようです。

 

つまり、先ほどの野球の話と合わせると中学時代は複数の高校から勧誘を受けるほど引っ張りだこ状態だったようですね。

 

 

学生時代は裏番長でケンカが強い?他校からも不良が喧嘩に来ていた!

幼少期に始めたキックボクシングのため、ゲームセンターのパンチングマシーンで 216kgを結果を残し、しばらくは誰にもその記録が更新されない日が続いたようです。

 

一時期は、この記録を出したのは誰なんだ?と、噂になるほど。

 

しかし、これだけの腕力を持っていたらキックボクシングの選手のように他の誰かとバチバチなる事もおかしくないように思います。

中学生・高校生の頃とかは喧嘩とかも多いですからね。

 

しかし、みやぞんさんは学生時代は一切喧嘩をしない人物だったようです。

 

ここは、なんとなくわかりますよね。

今のみやぞんさんが殴るけるの喧嘩をするとこは想像できません!

 

昔から喧嘩をする状況になってもすぐ誤ってしまう性格だそうです。

その結果、喧嘩をしないけど腕力が強いことから『喧嘩をしない裏番長』と陰で呼ばれていたとか!

しかし、その強さゆえに、他校の不良がみやぞんさん相手にケンカを売りにきたときがあったそう。

その時、みやぞんは給食当番のかっぽう着姿のまま校門に行き、

「どうしたの?」

「僕のこと知ってるの? 言って言って、俺なんかしたなら謝るから。いつ会った? 僕、親戚?」

と話しかけたとか!

いかにもみやぞんさんっぽいですね!

ここだけ聞くと不良たちには変な人に映ったのでしょう。

不良たちは「コイツやばい」と、逃げていったそうです(笑

 

終わりに

他人との喧嘩の誘いにも乗らず、強い力を持っているのに拳も振り上げず、喧嘩をせず、謝ってしまう優しいところがみやぞんさんっぽいですよね^^

みやぞんさんと言えば、高齢の方にも親切で優しいというところがあります。

テレビでも何度が迷っているおばあちゃんの道案内をしたり、荷物を持っているところが放送されたりしています。

もう人柄から優しさがあふれる良い人ですね^^

その優しさはむかしからのものだったんですね^^

 

最後までお読みいただきありがとうございます。m(_ _)m

 

 

コメントをどうぞ