ポムポムまゆゆ 病気で亡くなったのファンのために卒コンで特別席を設置 運営の神対応

「ポムポムまゆゆ」さんという方をご存知でしょうか?

2017年10月31日にAKB48渡辺麻友さんの卒業コンサートがさいたまスーパーアリーナで開催されました。

卒業コンサートには1万7000人のファンが集まり、渡辺麻友11年間のアイドルとしての集大成となるステージでした。

その一方で、運営側の“神対応“もネット上で感動を呼んでいます。

ポムポムまゆゆさんとは、『Twitter』のアカウント名のこと。

一般人ではありますが、渡辺さんのファンの女の子です。

この渡辺麻友さんの卒業コンサートを楽しみにしていた一人でした。

彼女は7月から体調を崩し、入院。後にツイートでは末期ガンであることを告白しました。

アカウントにはファンからの応援の声が寄せられていました。

スポンサーリンク

 

 

『ポムポムまゆゆ』とは?

一般人ですが、幼稚園の先生である23歳の美咲さんという方。

ファン歴11年の渡辺麻友さんの熱烈なファンで、ファンの間でも有名になるほど。

名前の由来はポムポムプリンのコスプレ姿の渡辺麻友さんから付けたものとのことです。

そのフォン精神は強く、一人でAKB48シングル選抜総選挙の投票に4000票も投票する程。

渡辺麻友さんからも知られており、握手会では『おかえり』と言われていたとか。

『ポムポムまゆゆ』さん、渡辺麻友のコンサート前に入院

ポムポムまゆゆさんは7月から体調を崩し、入院生活となりました。

その後はアイドルのことや、入院中の気持ちをTwitterでツイートしていました。

しかし、

2017年9月4日のツイートで、末期ガンであることを告白。

アカウントにはファンからの応援の声が寄せられており、その後もTwitterの更新は続いていたが、10月18日に更新は止まります。

10月23日、ポムポムまゆゆさんの母が彼女のTwitterアカウントを通し、18日に娘の体調が急変し、20日朝に渡辺さんと同じ23歳で亡くなったことが伝えられました。

亡き娘について、ポムポムまゆゆさんの母は渡辺さんがどれだけ好きだったか、卒業コンサートをいかに楽しみにしていたかもツイートしています。

「最期まで生きる事を諦めずAKBの渡辺麻友さんの卒業していく姿を見たいと言っていましたが、残念ながらその夢は叶わないままになってしまいました。自宅の娘の部屋は渡辺麻友さんのカレンダーやグッズなどでいつもいっぱいでした。本当に好きなんだと娘の友人と共に呆れるくらいでした」

ポムポムまゆゆさん、そしてその死は他のSNSなどを通し、AKBファンにも広まっていったそうです。


渡辺麻友卒業コンサート 運営の神対応

渡辺麻友の卒業コンサートが開かれる10月31日、さいたまスーパーアリーナにはポムポムまゆゆさんの席が用意されたそうです。

報道によれば

「席は運営側が用意したものです」

と回答でした。

『ポムポムまゆゆ』さんの死については、握手会会場に設けられている支配人部屋でファンによって伝えられ、今回の特別席設置に至ったとのこと。

卒業コンサートで用意された特別席にはファン仲間が用意したイラストの他、渡辺本人のサインが入ったCDも置かれていました。

この運営側の行動に、会場に訪れたファンやSNSを通して会場に行けなかったファンはからは賞賛する声がネット上で相次いだ。

ポムポムまゆゆさんの母は11月6日、再び娘のアカウントを通じてツイートした。

渡辺さんの卒業コンサート当日に特別席を用意されたことをポムポムまゆゆさんの友人を通じて知ったといい、感謝の気持ちを綴っています。

特別席が用意されたことについて渡辺さん、関係者、そしてファンに感謝の言葉を述べ、

「娘はコンサート当日、特別席から渡辺麻友さんの姿を見ていたことと思います」と語られています。

終わりに

とてもいい話だったので、記事にさせていただきました。

(涙止まらないです)

きっと、コンサートで輝く渡辺麻友さんを天国から見ていたと思います。

渡辺麻友愛に溢れる女性だったんでしょうね。

運営側の神対応もすばらしいものだったと思います。

ご冥福をお祈りいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加