エンタメ

小島瑠璃子 大学は共立女子大で慶応はウソ!中退した本当の理由とは!

バラエティ番組などで活躍中のタレント

小島瑠璃子さんの出身大学について、

いろいろと情報が飛び交っているそうです。

 

慶応はウソで、共立女子大と中退したなど

噂されているようですが、実際のところは

どうなのでしょうか?

 

中退の本当の理由とは?

 

さっそく見てみましょう。

小島瑠璃子 大学は共立女子大で慶応はウソ!

小島瑠璃子さんは、高校卒業後は大学に

進学したのですが、どこの大学に行った

のか気になる人が多いみたいですね。

ネット上では慶応義塾大学とか、お茶の水

女子大学など名門大学の名前が飛び交って

いたそうです。

 

小島瑠璃子さんが通っていた大学として

最も有力視されているのは共立女子大学

だそうです。

 

ツイッター上などで、学校の同級生と

みられる複数の人たちが、かなり具体的な

エピソードをつぶやいているそうで、

信ぴょう性が高いのではないかということ

みたいですね。

いくら本人が何も発信しなくても、周りに

いる人たちが、どんどんSNSなどで情報発信

してしまう時代ですから、秘密にしておくの

は、なかなか困難なようですね。

 

これで、慶応だとか御茶の水という噂は

ウソではないかということになったみたい

です。

 

可愛くて、しっかりしていて、文句の付けどころのない方ですね。

[rakuten id=”cereza:10057278″ kw=”ホリプロ こじるり 2019年度版 平成31年 2019カレンダー 平成三十一年 新元号 アイドル 女優 モデル グラビア 水着 女子アナ コスプレ 声優 。小島瑠璃子 2019カレンダー【合計5本以上(組み合わせ自由)で送料無料!】”]

こじるりさんの2019年度版(平成31年)カレンダーです。 

 

 

 

 

 

 

小島瑠璃子 大学中退した本当の理由とは!

苦労の末に合格したという共立女子大学

ですが、小島瑠璃子さんは中途退学して

しまったのだそうです。

https://twitter.com/lavonneashk1141/status/1086255210257879040

本人の口からも2013年放送のバラエティ番組

で明かされたそうで、すぐに中途退学して

しまったと話していたようです。

 

中退の理由については、いろいろと噂され

ているようですが、芸能界のお仕事が忙く

退学せざるを得なかったのではないか

ということみたいですね。

 

小島瑠璃子さんは、大学に入学した2012年頃

ちょうど「S☆1」のレギュラーになって、

ブレイク真っ最中の時期だったようです。

「泣きながら必至に勉強して受かった」と

言っていた大学だったそうですが、最初の

3ヶ月でやめて、仕事に集中することに

したようです。

 

苦渋の決断だったのでしょうね。

 

 

 

 

 

小島 瑠璃子(こじま るりこ)プロフィール

    • 名前:小島 瑠璃子
    • 生年月日:1993年12月23日
    • 出身地:千葉県
    • 身長:157㎝
    • 血液型:O型
  • 所属事務所:ホリプロ

 

小島瑠璃子さんは、2009年の第34回

ホリプロタレントスカウトキャラバンで

3万3910人の中からグランプリを受賞

しました。

 

同年10月25日、ホリプロの大先輩である

和田アキ子さんが司会を務める

『アッコにおまかせ!』で、全国ネットの

テレビ番組に初めて出演しました。

 

2010年7月6日から放送開始されたアニメ

『スティッチ! 〜ずっと最高のトモダチ〜』

の主題歌「みんなのゆめ」で歌手デビュー

も果たしています。

 

2012年3月31日から、TBSのスポーツ番組

『S☆1』のスタジオ進行役や取材を担当

するようになり、これを機にプロボクシング

中継の進行役も務めるようになりました。

 

 

 

 

 

ネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

https://twitter.com/paul_kayo/status/1086535828002590720

 

 

 

 

 

おわりに

デビューしてから、本当にあっという間に

実力で自分の居場所を確保した感じのある

小島瑠璃子さんですが、そのためには

せっかく必死で勉強して受かった大学を

中退するという選択をしていたんですね。

 

普通の大学生生活というものにも憧れが

あったでしょうに、芸能界のお仕事で

生きていくには、今大学に通い続けるよりも

お仕事に精を出した方が、将来のためになる

と判断したんでしょうね。

 

頭の良い小島瑠璃子さんが決めたこと

ですから、きっとその判断は間違って

いなかったのでしょう。

 

大学に行っていたらどうだったのかと

考えることも、もしかしたらあるかも

しれませんが、これからの生き方次第で

あの時の選択は間違ってなかったと

きっと胸を張って言えるときが、来るのでは

ないでしょうか。

 

もうすでに、そう言えるのかもしれませんね。