エンタメ

アパ社長(元谷芙美子) 自宅は港区麻布に?若い頃は営業で画像は?

アパホテルの社長・元谷芙美子さんの

自宅はすごいと話題のようです。

 

その自宅は港区麻布にあるとの情報ですが

本当でしょうか?

 

若い頃は営業をやっていたそうですが

そのころの画像なんかもあるのでしょうか。

 

さっそく見てみましょう。

アパ社長(元谷芙美子)の自宅は港区麻布に?

元谷芙美子さんのご自宅は、なんと

15億円もの豪邸と言われているそうで

豪華な自宅はテレビなどでも話題となって

いるそうです。

https://twitter.com/_RankingNews/status/1085794609333100544

さすが年商が900億円とも言われる

アパホテルの社長さんですね。

 

ご自宅は東京都港区麻布にあるようで

間取りは8LDK。

 

坪数は300以上あって、3階建の一戸建て

なのだそうです。

1階にはガレージと玄関があり、

いつもかぶっているあの帽子は100以上

持っているそうです。

 

ガレージに並べられている車は

メルセデス・ベンツ、BMW、フェラーリ

などの高級外車ばかり。

 

螺旋階段を上がっていくと50坪ものリビング

があり、天井高も4.7メートルもある

そうです。

 

また、バーカウンターとグランドピアノ

まで置いてあるのだとか。

さすがお金持ちは、やりたいことは何でも

やって、欲しいものはすべて持っている

といった感じですね。

 

 

 

元谷芙美子を真似すれば、あなたもお金持ちになれるかも?

[rakuten no=”9784797393422″ kw=”強運 ピンチをチャンスに変える実践法 /SBクリエイティブ/元谷芙美子”]

2019年は、みんなでピンチをチャンスに変えて強運を掴んじゃいましょう!

アパ社長(元谷芙美子)若い頃は営業ウーマンで画像は?

高校卒業後、父親が病気で倒れてしまった為、

大学へは進学せず地元にある信用金庫に

就職した元谷芙美子さん。

 

信用金庫に勤務していた時、金融機関の

労働組合の会合で元谷外志雄さんと出会い

結婚されたそうです。

 

27歳で独立されて『信金開発』という

注文住宅販売会社を設立されています。

旦那さんは33歳の時にマンション事業を

起業してホテルやレストラン事業を展開。

 

元谷芙美子さんがアパホテルの社長になった

のは1994年のことですが、最初は

経理や事務そして営業などをされて

いたようです。

 

子育てしながらの仕事だったようですが、

営業成績は社内でも1位だったとか。

 

若い頃から商売の才能があったみたいですね。

ホテルの仕事は主婦の仕事と重なる部分が

多くて、男性よりもきめ細やかな心配りが

出来るのが女性社長なんだそうです。

 

 

 

 

 

元谷 芙美子(もとや ふみこ)プロフィール

https://twitter.com/VRyJutfqFMigrgS/status/1083693102513061893

    • 名前:元谷 芙美子
    • 生年月日:1947年7月8日
    • 出身地:福井県
    • 身長:
    • 血液型:

 

福井県立藤島高等学校を卒業した後、

福井信用金庫に就職した元谷芙美子さん。

 

金融機関の労働組合の会合で、小松信用金庫

に勤務していた元谷外志雄さんと知り合い、

結婚しました。

 

1971年、夫が起業した信金開発株式会社

(現アパ株式会社)の取締役を経て、

1994年、アパホテル株式会社取締役社長に

就任しました。

 

2001年には法政大学人間環境学部入学して、

2005年に卒業しています。

 

早稲田大学大学院公共経営研究科にも入学、

2006年3月に修士号を取得して、同じ年

博士課程にも合格したそうです。

 

 

 

 

 

ネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

https://twitter.com/bot04731157/status/1085700547800264708

 

 

 

 

 

おわりに

一体どれくらい稼いでいるのでしょうね。

 

若い頃から商売の素質はあったようですが、

いろいろな巡り合わせもあったのでしょうね。

 

いつも元気で、派手な格好をしている印象

ですが、きっと人知れずたくさんの努力と

苦労をされてきたのでしょう。

 

お金はお金のあるところを好んで集まって

くるといいますから、これからも社長の元に

はたくさんのお金が集まってくるの

でしょうね。

 

羨ましい限りです。

 

身体に気をつけて、いつまでも日本経済を

活性化し続けてくださいませ。