スポンサーリンク

小鳩くるみ 現在夫婦二人?目白大学の教授に転身で画像が気になる!

エンタメ

小鳩くるみさんという方が話題のようですが

何をされていた方なのでしょうか。

 

現在は夫婦二人で暮らしているとか?

 

目白大学の教授に転身しているそうですが

どんな方なのか画像も気になりますね!

 

さっそく見てまいりましょう。

スポンサーリンク

見出し①小鳩くるみ 現在夫婦二人で暮らしてる?

1953年の子供の時間「歌の絵本」、

1963年から4年間放送されていたという

「ドレミファ船長」、そして

1972年4月から1974年3月までは

NHKの「おかあさんといっしょ」に出演

されていたのが小鳩くるみさんという方の

ようですね。

あのスポ根アニメ「アタックNo.1」の

ヒロイン・鮎原こずえの声優としても活躍

していたのだそうです。

Twitter

今年で71歳になるという小鳩くるみさん。

 

43歳の時に一般男性の方と結婚されたようで

すが、お子さんはいらっしゃらないようです。

 

30年近く、夫婦二人暮らしのようですね。

 

 

 

小鳩くるみさんと言ったら、マザーグースみたいですね。

お子さんと一緒に歌って聞いてみましょう。

スポンサーリンク

小鳩くるみ 目白大学の教授に転身で画像が気になる!

現在小鳩くるみさんは、本名の鷲津名都江

(わしづなつえ)さんとして、

目白大学外国語学部と目白大学大学院言語

文化学科教授というポストに就いている

そうです。

小鳩くるみさんは1986年に芸能界を引退し

同じ年に目白学園短期大学(現、目白大学

短期大学部)の助教授に就任したそうです。

 

芸能生活を続けながら1982年には

青山学院大学大学院を修了していて

研究生活を送っていたとか。

青山学院大学卒業後には、イギリス古来

の童歌・マザーグースの研究のため、

38歳の時にロンドン大学大学院に留学も

したそうです。

マザーグースの研究に没頭した

小鳩くるみさん。

帰国後、「わらべうたとナーサリー・ライム

日本語と英語の比較言語リズム考」や

「マザーグースと日本人」など、

多くの本を出版したそうです。

 

最近では「シュガー・ラッシュ:オンライン」

で白雪姫の吹き替えを務めるなどのお仕事も

されたそうです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

小鳩くるみ(こばとくるみ)プロフィール

    • 本名:鷲津 名都江(わしづ なつえ)
    • 生年月日:1948年1月20日
    • 出身地:愛知県
    • 身長:
    • 血液型:

 

3歳の時にNHK名古屋放送局主催の

歌唱コンテストに飛び入りで出場して、

参加者の中から唯一の合格者になったことが

あるそうです。

 

童謡歌手として本格的なレッスンを受ける

ように勧められ上京し、くるみ芸術学園へ

入学することになったのでそう。

 

これが芸名・小鳩くるみの由来になったのだ

そうです。

 

1952年10月に歌手・小鳩くるみとして4歳で

日劇最年少デビューを果たしました。

 

人気者になった小鳩くるみさんは

同年12月からTBSラジオの番組に童謡歌手

として、その後この番組がTBSテレビに

移行すると同時に司会者となり、

1968年3月に終了するまで16年間レギュラー

出演しました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

馬車馬(@Mihokon0)さん | Twitter
馬車馬 (@Mihokon0)さんの最新ツイート。とんかつはカクンテ

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

おわりに

芸能人や有名スポーツ選手が

大学の客員教授などに就任する話は

よく聞きますが、この方の場合は

本当に研究熱心というか、勉強家というか

知りたいと思ったら、とことん突き止めたい

という情熱がある方なのでしょうね。

 

芸能界を去る以前から、きっといろいろな

ことを考えて、ちゃんと準備をしてきたの

でしょう。

 

現在70歳を超えていらっしゃいますが、

まだまだいろんなことに挑戦するパワーは

衰えていないようです。

 

こんな風に歳を重ねていけるというのは

羨ましいですし、お手本にしないといけない

ですね。

コメントをどうぞ