伊藤聡美(衣装デザイナー) 羽生結弦の作品画像が美しすぎる!値段やWiki経歴は?

エンタメ

フィギュアスケートの衣装デザイナー

伊藤聡美さんが話題になっているようです。

 

羽生結弦選手の作品画像が美しすぎる!と

評判なのだそうですが、値段なんかも

気になりますね。

 

伊藤聡美さんという方のWiki経歴も

調べていきましょう。

スポンサーリンク

伊藤聡美(衣装デザイナー) 羽生結弦の作品画像が美しすぎる!

フィギュアスケートでは、選手の演技も

素晴らしいですが、選手が着る衣装も

重要な要素になっていますよね。

 

華やかで、演目と選手の雰囲気にぴったり

マッチしていて、それでいて選手の動きの

邪魔にならない素敵な衣装をデザインする

というお仕事は大変そうです。

 

そんなお仕事をなさっているのが

伊藤聡美さんという方です。

 

伊藤さんが手がける衣装は、羽生結弦選手や

宇野昌磨選手、紀平梨花選手なども愛用

しているそうです。

トップスケーターと言われる人ばかりですね。

 

伊藤さんはデザイン画を描く際に、なるべく

顔や雰囲気を選手に似せているそうで、

選手からもイメージしやすいと好評の

ようです。

伊藤さんのツイッター上には、デザイン

された数々の衣装がアップされていて

どれも美しく、素晴らしいですね。

 

羽生選手で有名なのは、あの金メダルを

とった『SEIMEI』安倍晴明をイメージした

あの衣装ですね。

 

 

伊藤さんがデザインした衣装も載ってます。

2019年の羽生選手のカレンダーです。

伊藤聡美 衣装作品の値段やWiki経歴は?

伊藤聡美さんは、一年で約50着もの衣装の

デザインを手掛けるのだそうです。

 

本当に売れっ子デザイナーなんですね。

フィギュアスケートでは、演技中に衣装の

一部が氷上に落ちてしまった場合、

1点減点されてしまうそうです。

 

見た目だけでなく、機能面でも細心の注意を

払う必要があるんですね。

 

気になるお値段ですが、一般的には

デザイナーにオーダーすると一着20万円から

80万円ほどと言われているそうです。

 

羽生選手の『SEIMEI』の衣装などは

装飾も多く、生地もこだわりのものを

使用しているようなので、1着100万円は

するのではないかと言われているようです。

そんな素晴らしいお仕事をなさっている

伊藤さんは、日本人の父とタイ人の母を持つ

ハーフなのだそう。

 

母親が若い頃に服飾の仕事をしていて

幼い頃はお母さんが聡美さんの洋服を縫って

くれたそうです。

 

やっぱり小さい頃の影響って大きいんですね。

 

 

 

 

伊藤 聡美(いとう さとみ)プロフィール

    • 名前:伊藤聡美
    • 生年月日:1988年5月31日
    • 出身地:千葉県
    • 身長:
    • 血液型:

 

伊藤さんはエスモードジャポン東京という

服飾の専門学校に通っていたそうです。

 

その後、ノッティンガム芸術大学へ留学した

経験もあるそう。

 

バレエ衣装で有名なチャコット社という

ブランドに就職し、フィギュアスケートの

衣装制作に携わるようになったようです。

 

2015年に26歳で独立し、フリーランスとして

活動を始めた伊藤さんは、衣装制作サイトを

立ち上げて、自らデザインした衣装を持って

スケート場で売り込みをしていったと

いうことです。

 

 

 

 

ネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

 

 

 

おわりに

自分がデザインした衣装を身にまとった

選手が世界で活躍している姿は、どんなに

誇らしいでしょうね。

 

トップの選手たちがみんな、伊藤さんに

衣装をお願いするというのは、それだけ

信頼が厚い証拠なんでしょうね。

 

ただ美しいだけではなく、選手の個性や

綺麗に見えるポイントをきちんと押さえて

いるのでしょう。

 

個々の体や、動き方にも合わせて

作らなければ、縁起の邪魔をしてしまう

ことにもなりますから、本当にフィギュアの

ことを理解していなければ出来ない仕事

ですよね。

 

今後も、伊藤さんの衣装を身につけた選手

たちが、世界の大舞台で存分に実力を発揮

してくれることを期待しています。

コメントをどうぞ