工藤夕貴 父(井沢八郎)と絶縁の真相がヤバい!若い頃の画像が気になる!

エンタメ

現在TBSドラマ「下町ロケット」に出演中の工藤夕貴さんですが、父である井沢八郎さんと絶縁していた真相などを11月9日放送の「爆報!THEフライデー」で語られるようですね。

若い頃とはだいぶ雰囲気が変わられた工藤さんについて、画像などをみていきます。

スポンサーリンク

工藤夕貴 若い頃の画像が気になる!

工藤夕貴さんは中学生時代から芸能活動をされていて、16歳の時にはハリウッド映画でデビューされているアイドルの枠を超えた演技派女優として知られています。

中学生時代からCM、バラエティー、映画、ラジオと多岐にわたり活躍していた工藤さんは、16歳でハリウッド映画デビューもしているんですね。

若い頃の工藤さんと、現在の工藤さんはかなり顔が変わったように思いますが、工藤さん本人が「劣化ではなく進化」と言っているように、無理に若さをキープするような方法ではなく、自然な老いを進化と考えるという工藤さんの発言にはなんだかとても共感します。

しかしながら、このころはだいぶお化粧が濃いかと。

老に抗っていた時代もあるんでしょうか。

 

現在出演中のドラマ「下町ロケット」でも、はじめ工藤夕貴と気づかなかった、という視聴者が続出していたようですが、演技派女優の魅せる技ですね。

 

 

 

 

工藤夕貴 父(井沢八郎)と絶縁の真相がヤバい!

工藤夕貴さんは実は2世芸能人だったことをご存知でしょうか?

お父様は歌手の井沢八郎さん。代表曲には「あゝ上野駅」や「北海の満月」があり、昭和を代表する歌手だったようです。

工藤夕貴さんはデビュー当初は親の七光りと揶揄されることを避けるため、2世であることを隠していたそうです。

また井沢八郎さんは酒癖が悪く、工藤夕貴さんの幼少期には工藤さんの母親を殴ったり、工藤さん自身も投げ飛ばされたりしたことがあったようで、工藤さんは父親に対して恐怖を抱いており、確執があったようですね。

そんな井沢八郎さんも2007年1月に食道がんのために逝去されました。

お父様が大好きだった曲を工藤さんが歌われていた映像が残っていました。

晩年は和解されていたようですが、そのあたりのことも「爆報!THEフライデー」で語られるのでしょうか。

 

 

 

 

工藤夕貴(くどうゆうき)のプロフィール

    • 名前:工藤夕貴
    • 生年月日:1971年1月17日
    • 出身地:東京都八王子市
    • 身長:158cm
    • 血液型:B型
  • 所属事務所:ヒラタオフィス

歌手井沢八郎の長女。1983年にスカウトされて芸能界デビュー。

「ザ・ヒットステージ」で毒舌中学生として話題になり、その後ハウス食品の袋麺「303」のCMで「お湯をかける少女」として有名になる。

1984年映画「逆噴射家族」に出演、この映画の挿入歌で歌手デビューも果たす。

1985年映画「台風クラブ」に主演し、東京国際映画祭ヤングシネマ部門で大賞を獲得。

ハリウッド映画では大物女優であっても新人と一緒にオーディションを受けるという話を聞いたことから、自らもハリウッドに挑戦することを決意し、「ミステリー・トレイン」で役を勝ち取った。

その後は海外を拠点にしていたが、2005年に父の病気のために帰国。

国内外の映画に多数出演している。

ネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

 

 

 

 

 

おわりに

工藤夕貴さん、年を重ねたことと、今回の「下町ロケット」での役作りもあってだいぶ雰囲気が変わっていたため、工藤夕貴さんと気がつかない視聴者の方がたくさんいたようですね。

演技が大評判となっていますので、今後また日本でのドラマ出演が増えていくのではないでしょうか。楽しみですね。

コメントをどうぞ