スポンサーリンク

高山一実 小説家デビュー読んだ人の未来を照らす作品の真相は?

エンタメ

高山一実 小説家デビューするということで、話題になっているようです。

どんな内容の小説なのか気になりますよね。

見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

高山一実 小説家デビューの真相や画像は?

高山さん(乃木坂46)による長編小説は、

2016年5号から2018年9月号まで雑誌「ダ・ヴィンチ」で連載されていたようです。

 

高山一実(乃木坂46)による長編小説「トラペジウム」が、11月28日に刊行される。

「トラペジウム」は高山が雑誌「ダ・ヴィンチ」の2016年5月号から2018年9月号まで連載していた初の小説を単行本化したもの。アイドルを目指す女子高生・東ゆうの10年にわたる物語が描かれる。書籍化にあたり大幅な加筆修正が行われ、帯には中村文則や羽田圭介がコメントを寄せた。高山は「トラペジウム」について「夢を与える職業と言われているアイドル。『小説』は、 その夢の与え方がずっとわからなかった私が、やっと見つけた可能性です。どうか読んでくださった方の未来を照らす作品となりますように」と語っている。

発売直前の11月26日には東京・八重洲ブックセンターにて記念イベントの開催も予定されている。詳細は同店公式サイトにて後日発表。

■ 高山一実 コメント 長編執筆の決意をしてから2年半、 バッグには常に原稿が入っていました。 トラペジウムのことを考えなかった日は一度もありません。

どんなメッセージを含ませたいか、 その為にはどうやってストーリーを運んでいけば良いか、 アイドルはどうあるべきか、 主にこの3つを繰り返し自分に問いかけ、 なんとか一冊の本に纏めることができました。

《アイドルの在り方》については主観というより統計かもしれません。 ヒントをくれる人たちが常に近くにいましたので、 環境と時間が答えへと導いてくれました。

夢を与える職業と言われているアイドル。 「小説」は、 その夢の与え方がずっとわからなかった私が、 やっと見つけた可能性です。 どうか読んでくださった方の未来を照らす作品となりますように。

 

昼夜逆転もあたりまえの芸能界との両立はとても大変ですよね。

ひとつの作品を書き上げるということは、とてもすごいことだと思います。

 

小説の発売日は11月28日が発売日のようですが、

11月26日には出版記念イベントが行われるそうです。

イベント詳細や参加申込方法は八重洲ブックセンターHP内で後日、発表されるそうです。

ファンの方はチェックしておきましょう!

 

 

 

 

乃木坂からは初の小説出版。

二年半以上の努力の賜物ですね。

これからもたくさんの小説を書いてほしいと思います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

高山一実 小説家デビューにネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

●アイドルはなんでもできるけど、どれもプロじゃないから
専門になにかやろうとすると世間はまずマイナス評価から入ってしまう、その分固定ファンが支えるんだろうけど
実際の評価は時間がかかる

●久しぶりに小説読んでみようかな。かずみん頑張れ!

 

●これにも握手券がついてるとか。

 

●かずみん、小説単行本化、おめでとう

 

●日々忙しい中で必死に小説を書き続けてきた姿を見てきたので、単行本化はとても嬉しいです。締切前に徹夜して朝5時にやっと終わったというつぶやきを見た時は、小説家っぽいなと思いました。ぜひ売れて欲しい。

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ