エンタメ

富澤たけし 右目は手術痕?卒アル画像や経歴が気になる!元ヤンキーの噂はホント?

お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の

ボケ担当をされている富澤たけしさんは、

右目が腫れているのは

手術痕なのかという噂がありますね。

そして高校の卒アル画像が衝撃だという

情報を聞いたので

経歴と共に調査してみました!

富澤たけし 右目は手術痕?切開手術の真相は?

貫禄のあるその風貌から

富澤さんは元ヤンキーだったのでは

という噂があります。

それだけではなく

富澤さんの右目は腫れているように見えますが

それも過去の喧嘩によるもの?

と関連付けられていますね。

実は富澤さんの目は生まれつき

瞼が開かない病気だったそうで、

生後わずか6か月で手術を受けた

という話があります。

本人談はありませんが

おそらく瞼が垂れ下がり、

開きにくい「眼瞼下垂」

ではないかと思います。

手術を受けたものの完治は

されていないようで、

視力も右側だけ0.1しか

ないそうです。

初めて見た時は

目が座っているように見えて

正直、威圧感を感じましたが、

見た目とは裏腹に

少しお茶目なボケを披露したりと

そのギャップがとても面白いですよね。

富澤たけし 卒アル画像や経歴が気になる!

富澤たけしさんの

学生時代のヤンキー疑惑は

高校の卒アル写真も関係しているのかも

しれません。

まずはこちらが卒アル画像です。

 

バットを片手にリーゼントの富澤さん、

ちょっとどう見てもヤンキーに

見えちゃいますね。

卒業アルバムの個人撮影で

このような小道具を使用している学校は

見たことがありません(笑)

実際、仮にこのように写ることが

許可されなかったら

アルバムの中に掲載されることは

ないですし、

こちらの撮影では先生が

バットの持ち方をアドバイスされるなど

協力的だったそうです。

 

当時から富澤さんは

普通に社会人になるのではなく、

芸能人になる夢を持っていたそうで

この卒アル画像からもすでに

富澤さんのお笑いセンスが

感じられますね。

富澤たけし(とみざわたけし)プロフィール

 

    • 本名:富澤岳史(とみざわたけし)
    • 生年月日:1974年4月30日生まれ
    • 出身地:宮城県泉市(現・仙台市泉区)
    • 身長:170cm
    • 血液型:AB型
  • 所属事務所:グレープカンパニー

お笑いコンビ「サンドウィッチマン」のボケ担当。

仙台商業高等学校卒業後、

アルバイト生活をしながら

芸能界になるかクリエイターに

なるという夢を持ち続けてきたそうです。

小・中学生の時の友人とコンビを組んだりと

相方やコンビ名の変更などを経て

2000年に今のコンビ

伊達みきおさんと二人で「サンドウィッチマン」

として活動を始めます。

ネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

 

おわりに

人は見かけによらないと言いますが

富澤さんはとても愛妻家で

その上お酒が全く飲めない

下戸なんだそうです。

サンドウィッチマンのネタは

ほとんど全て富澤さんが

担当しているようで

その才能は大御所とも言われる

芸能人からも絶賛されるほどですよね。

これからの活躍も本当に楽しみなので、

応援していきたいなと思います。