ハロウィン 2017 どこで仮装する? フォトジェニックを超絶楽しむ方法

もともとはあまり日本で馴染みの少なかったハロウィン。でも近年、渋谷は仮装パーティー状態になったりテーマパークではハロウィンイベントを取り上げるなど、日本でもハロウィンが根付き始めています。

この記事では、そもそもハロウィンとは何なのか?また、今年のハロウィンおすすめの過ごし方をご紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

いまさら聞けない・・・ハロウィンって何?

ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す意味合いのある行事でしたが、現代では特にアメリカで「民間行事」として定着しているため、宗教は関係なくなっているようです。

アメリカでの民間行事では「Trick or Treat!」お菓子をくれないといたずらするぞ!と、様々な格好をして近所をまわるため、日本でもハロウィン=仮装というイメージが定着したようですね。

 

今年のハロウィンは・・・「フォトジェニック」を意識しよう!

毎年ニュースでも話題になる渋谷の仮装集団。ミイラやドラキュラ、ジャック・オ・ランタンをイメージさせるハロウィンらしい仮装のほか、ナースや警察官、ウォーリーをさがせ!のウォーリー

集団など割となんでもありな傾向も。

仮装集団が街を徘徊し、何をするのか?というとみんなで写真を撮ったり、知らないほかの仮装集団と写真を撮ったりと「とにかく写真をとる」。

写真を撮ることで思い出を残したり、見返して楽しかったなあ、と振り返ることができるということもありますが、最近はとにかく今流行りのinstagramなどのSNSにアップしいいねやコメントをもらうことが大前提になっています。

では写真映えがよく、且つ楽しめるハロウィンにするには今年は何をしよう?お困りの皆さんにいくつかおすすめの過ごし方をご紹介したいと思います。

 

友達や恋人、家族とホームパーティー

ホームパーティーといってもできることは様々。部屋を飾りつけして出前を取るもよし、一からみんなで作るのも楽しいかもしれませんね。

集まれる部屋がない!なんてときも、今はいろんなところにキッチン付きのレンタルルームもありますしいろいろと手はあります。飾り付けにお金をかけたくない!そんな方は100均でもたくさんの種類のガーランドや飾りが売っていますね。小物類にまでこだわれば盛り上がりますし、写真も何枚でも撮れちゃいます!ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

ハロウィン限定のディナーをやっているお店に行く

レストラン業界もイベントには精を出し、限定メニューを出しているところもあるようです。かぼちゃを使ったスイーツがデザートとして出てきたり、お店の雰囲気もハロウィンぽくされていたりと大人なカップル向けの過ごし方かもしれません。

レストランの料理はどれもおしゃれなものが多いですが、限定メニューは予約していた人限定だったり、先着順だったりとお店によっては当日来店での注文が難しいところもあるので、前々からしっかりとお店に問い合わせしてチェックしておきましょう!

 

テーマパークに遊びに行く

仮装も用意もしなくても、行くだけでハロウィンの雰囲気が味わえて楽しめるのはやっぱりテーマパーク。

USJではホラーナイトが毎年行われており、大量のゾンビがパーク内をさまよっているというのは有名ですよね。

実はゾンビ以外でも、お昼はジュラシックパークやジョーズなどのアトラクションなのに、夜はこわーいアトラクションに変わっているということは知っていましたか?

お昼のアトラクションも体験して、夜のまた違った雰囲気のアトラクションを体験するのも楽しそうですね!

ディズニーリゾートもUSJも普段のパークとはひと味違いますし、ハロウィン限定のイベントやショーも行われています。ぜひ好きなキャラクターに扮して楽しんでくださいね!

 

本格的なゾンビメイクにチャレンジしてみる

ハロウィンの仮装の代表であるゾンビ。特殊メイクをしないと顔はなにもできないと思いがちですが、最近は東急ハンズやドンキホーテなどにゾンビメイクのキットが売られているのです。

使い方は説明書の通りにのりやシリコンを使うだけ。白いカラコンなども売られているので、一緒に使うとよりリアルになりますね。

また、キットを使わなくても身近なものを使って特殊メイクに近づけることもできます。

  1. つけまつげ用の糊を特殊メイクしたいところに塗る
  2. ティッシュを薄く細かくちぎって張り、皮膚が盛り上がっているようにする
  3. 上からリキッドファンデーションやパウダーをはたいて肌の色に近づける
  4. アイライナーや口紅を使ってリアルにしていく

この方法は女性なら身近にあるものでできるためすごくおすすめですが、つけまつげの糊でも肌が荒れる方はいるため使い方に気をつけてくださいね。

 

楽しみ方はたくさんある!

いかがでしたか?仮装、メイク、お出かけ、パーティーなどとたくさんの楽しみ方がありましたね。

また楽しんでいる様子を写真に収めても、バッチリ映えそうなものばかりです。

近年流行っている街での仮装も、楽しむことは良くてもマナーの悪さも問題になっています。着替えのために公共の場所の占領やポイ捨てはせず、マナーは守って今年もハロウィンを楽しみましょう!

コメントをどうぞ