川栄李奈 亜人 『下村泉』のハードアクションに挑戦!撮影の裏側について

2017年9月30日に映画『亜人』が公開されます。

その映画で下村泉(しもむらいずみ)役として登場する川栄李奈(かわえいりな)さん。

映画「るろうに剣心」を作り上げたスペシャリストチームが参加する本作に出演し、スタントなしのハードなバトルアクションに挑戦されています。

AKBを卒業して以降、CM・ドラマ・映画と、多様なメディアに出演し、テレビでは見かけない日はないくらいの”快進撃”となっています。

今回は『亜人』において、川栄李奈さんの活躍について注目してみました。

映画・『亜人』についての記事はこちら

http://ailbainpro.com/2017/08/28/%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%80%8E%E4%BA%9C%E4%BA%BA%E3%80%8F-%E4%B8%BB%E6%BC%94%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AF%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%81%A5x%E7%B6%BE%E9%87%8E%E5%89%9B-%E3%82%8B%E3%82%8D/

スポンサーリンク

 

 

プロフィール

名前:川栄李奈(かわえいりな)

生年月日:1995年2月25日

出身地:神奈川県

身長:152cm

事務所:エイベックス・マネジメント

見たことのないスタイリッシュアクションへの挑戦

今回の映画『亜人』では『るろうに剣心』のアクションチームが参加する程、スピード感に注力されています。永井圭(ながいけい)役の佐藤健(さとうたける)さん、佐藤役の綾野剛(あやのごう)さんは撮影のため、2年間の肉体改造を行う程。

本作で川栄李奈さんが演じるのは下村泉役。下村泉は永井圭や佐藤と同じく亜人であり、玉山鉄二(たまやまてつじ)さん演じる戸崎優(とさきゆう)の護衛を行う。性格としては有能な秘書だが、まれにドジっ子照れ屋。

当然、戦闘もあるため、同様にアクションシーンも求められます。

9月に川栄李奈さん主演での「亜人」のスピンオフも公開される予定ですが、その予告ではスピード感ある写真が公開されていました。

これ本当に本人がやったの?と、思うほど迫力ある画像ですね。

絶えない努力

このようなスピード感ある画像を見ると、『CGでやったんでしょ?』とか『スタントでしょ?』なんて声も出てきそうですが、なんと、今回はスタントマンは演じていないとのこと。

それほどの動きが求められる中で、これまでアイドルとして活躍していた川栄李奈さんにそんなことできるのか?と、疑問が出そうですが。

映画『亜人』公式のTwitterで公開されていますが、何度も首にタオルをかけ、アクション練習の画像が公開されていました。

今回の撮影のために相当練習を繰り返されていたんですね。

本人のへとへと感から熱の入り具合が伺えます。

女優としての活躍

ここ最近、川栄李奈さん演じるCM・ドラマ・映画を頻繁に目にします。

フジテレビ『僕たちがやりました』新里今宵 役

本当にあった怖い話 夏の特別編2017『コール』横山詩織 役

『デスノート2016』青井さくら 役

CM Au『三太郎』織姫(おりちゃん)役

CM オリックス『水族館』篇 入社3年目の社員 役

舞台 あずみ 幕末篇・戦国篇 あずみ役

簡単に数えただけでもこれだけありますね^^;

どの役についても開始2週間程度でほぼ全体を把握・段取りを覚えていたとのこと。

『あずみ』では300人切りの殺陣を演じ切り、『僕たちがやりました』ではラブシーンを演じ、『デスノート2016』では、無差別猟奇殺人犯を演じました。

映画監督の間でも、その演技力と覚えの良さに絶賛されているそう。

本人としても『またやりたい』『楽しんでやれた』と、演技に関してはとても意欲的。

AKB時代の『おバカキャラ』はどこ行ったの?と思うくらいです。演技に関しては天性のものを持っているのかもしれません。

ギャラは増えている?

AKB時代に比べて圧倒的に一般メディア露出は増えている川栄李奈さん。

しかい、日本テレビ『ウチのガヤがすみませんSP』で自身の給料について語っていましたが、メディア露出は増えているけれど、給料はAKB時代の方が多かったとのこと。

AKBの頃はグッズや握手会・イベント等が多かったので、その頃の方がギャラは高かったようですね。

でも、AKBを卒業したメンバーと比べると、卒業後にこれだけ活躍しているのはほとんどいないでしょう。

そう考えると、女優としての転身は大成功だったのではないでしょうか。

終わりに

AKBに所属していたのは2010年から2015年の5年間。むしろAKB時代よりも卒業してからの方がメディア露出は多くなっているとのこと。

その頃は前述したように『おバカキャラ』だったけれど、それはどこにいった?と思えるほどの秀才ぶり。

女優としてしか川栄李奈を知らない人も多いのではないでしょうか。

『おバカキャラ』のイメージがなくなる日は近いでしょう。

今回、冒頭でも触れましたが、川栄李奈さんの現在の活躍の根源は努力と才能、そして演技することを楽しんでいるからこそなんですね。

9月には、『亜人』の他に、テレビ東京の番組「〇〇と新どうが」にて川栄李奈さんの『亜人』のスピンオフも公開されます。本人は以下のようにコメントしています。

今回のアクションは、正直めちゃくちゃ大変でした。映画『亜人』でもアクションをやっているんですが、今回はそれ以上でした。そして、全編がスマートフォンでの撮影なので、普段はカメラマンの方がレールに乗って移動するところを、セグウェイに乗って撮影していて新鮮で面白かったです。スマートフォンならではで、いろんな角度から撮影できるのかなと思います。(引用:モデルプレス)

今後の女優・川栄李奈さんの活躍に注目です^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加