榮倉奈々 子供の性別は女?画像や名前は?タバコ疑惑は歯茎から?

エンタメ

2016年8月に俳優の賀来賢人さんと結婚され、2017年6月には第一子を出産した榮倉奈々さん。類い稀なプロポーションと健康的な明るい笑顔で人気女優となった榮倉さん、出産してもそのスタイルを維持していて素敵です。

そんな榮倉さんのお子さんの性別や画像があるか、またネット上で噂になっている喫煙疑惑について調べてみました。

スポンサーリンク

榮倉奈々 子供の性別は女?画像や名前は?

2014年のTBS系ドラマ「Nのために」での共演をきっかけに俳優の賀来賢人さんとおつきあいをはじめ、2016年に結婚された榮倉奈々さん。

長身の美男美女カップルとして大変話題になりましたね。

お相手の賀来賢人さんは、女優の賀来千香子さんの甥っ子にあたります。賀来家はなんて綺麗な容姿とスタイルを持つ一家なんでしょう。

そんな賀来賢人さんと、長身美人の榮倉奈々さんのお子さんが可愛くないはずがないですね!

性別やお顔がとても気になるところなのですが、どうやら非公開とされているようで、写真はおろか、性別も名前もわかりません。

榮倉さんがご自身のお子さんと思われる赤ちゃんを抱っこしている画像が出回っており、その写真に写る赤ちゃんがピンク色っぽいお洋服を着ていることからも、「女の子ではないか?」との噂があるようです。

お子さんのことを考え、プライバシーをしっかり守られているのですね。

もしかしたらいつか芸能界に、なんてこともあるかもしれませんので、その時を楽しみにしましょう!

 

榮倉奈々 タバコ疑惑は歯茎から?

出産、そして仕事復帰と、公私ともに充実されている榮倉奈々さんですが、どうやらタバコを吸っているのではないか?という疑惑があるようなのです。

噂はどうやら2009年、さいたまスーパーアリーナでの「ブラック・アイド・ピーズ」のライブで榮倉さんが目撃された際の画像から始まっているようです。

友人の鈴木えみさんと一緒に喫煙所付近で立ち話している姿が撮られているのですが、遠すぎて実際喫煙している様子はわかりません。

しかしながら、当日本当にお二人の目撃情報もあり、その場にいたことは確かなようですね。

そして歯茎に喫煙者特有の黒ずみがある、という噂もあるようで、検証してみました。

榮倉さんはあまり歯茎が出ない笑顔の持ち主なので、正直言って画像から歯茎の特徴を見つけるのは難しそうですね。

歯磨き粉のCMにも出ていらっしゃったので、どちらかというと歯が綺麗な印象です。

喫煙のせいで歯磨き粉のCMが降板になった、という噂もありますが、確実は情報はないようです。

どちらにしても、今現在は赤ちゃんもいらっしゃることですし、喫煙されているということはなさそうですね。ご主人の賀来賢人さんがベランダで喫煙していることで大バッシングを受けてもいますし、タバコの話題には敏感になっていそうです。

 

榮倉奈々(えいくらなな)のプロフィール

 

    • 名前:榮倉奈々(本名:賀来奈々)
    • 生年月日:1988年2月12日
    • 出身地:鹿児島県
    • 身長:170cm
    • 血液型:A型
  • 所属事務所:研音

2002年、中学3年生の時に渋谷の109の前でスカウトされ芸能界入りし、ティーン向けファッション誌「seventeen」の専属モデルとなる。

その後2004年に女優としてドラマ出演し、モデル事務所「アデッソ」から現在所属の「研音」に移籍する。

2010年、映画「余命1ヶ月の花嫁」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、2011年には主演した映画「アントキノイノチ」がモントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門でイノベーションアワードを受賞するなど、映画ドラマ等で活躍する。

ネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

おわりに

榮倉奈々さんのお子さんについては、非公開でほとんど情報はないようでした。まだ生まれたばかりですし、元気にすくすく大きくなって、いつかメディアに出てくれたらいいなと思います。

また疑惑の喫煙情報もあくまで疑惑の域を出ず、真相はわかりません。芸能人の方はドラマなどでも喫煙場面が必要であったりするだけで、プライベートでも喫煙されていると思われてしまうこともありますし、その逆で全くそのような役もイメージもないのに、実際は喫煙をされている、という場合もありますよね。

大人の俳優さんの場合は個人の自由ですのでとやかく言うことではありませんが、イメージが大切な芸能人の方々はプライベートには気を使わねばならず、大変だと思います。

仕事復帰され、10月からのフジテレビ系ドラマ「僕らは奇跡でできている」の出演も決定している榮倉奈々さん、笑顔あふれる演技を期待しています!

コメントをどうぞ