古坂大魔王 奇跡!真相がヤバい?ブログにネット感動の輪広がる「起きた奇跡と起こらなかった奇跡」

エンタメ

タレントの古坂大魔王さんが30日に更新した『起きた奇跡と起きなかった奇跡と』というタイトルのブログに、ネット上で感動の輪が広がっています。

スポンサーリンク

古坂大魔王 奇跡!真相がヤバい?ブログにネット感動の輪広がる「起きた奇跡と起こらなかった奇跡」

なにやら古坂大魔王さんが書いたブログで、世間のみなさんが朝から涙を流して感動したということですが、いったいどんな内容だったのでしょうか。

病と闘う3歳の女の子をめぐる“奇跡”について、古坂さんが丁寧な描写で書き綴ったブログ。

ピコ太郎さんが出演する番組にプロデューサーとして帯同している古坂さんが、スペインの首都マドリードから綴った「奇跡」についてのブログ記事です。

小さい女の子たちとの、奇跡的な出会いと、叶わなかった願いが切ない、ブログの内容でしたが、きっと奇跡は起きたのでしょうね。

命の灯は、消えてしまったけれど、何か大切なものが時や空間を超えて、この同じ空の下で生きている私たちひとりひとりの、心の中に優しく灯ったような感覚になります。

日本のみならず、世界的に有名になってしまったピコ太郎さんならではのエピソードと、苦労してここまで来られた古坂大魔王さんの気持ちがあったからこそ、こういった出会いが生まれるのでしょうね。

古坂大魔王 奇跡 の報道詳細

タレントの古坂大魔王が30日に更新したブログにネットで感動の輪が広がっている。古坂は30日にツイッターで「心を込めて…書き留めました。諸々の許可を得て…アップします」とブログを紹介していた。

古坂大魔王は「起きた奇跡と起きなかった奇跡と」というタイトルで長文のブログを投稿。病と闘うピコ太郎の大ファンという3歳の女の子を巡る不思議な“奇跡”が、丁寧な描写で描かれていた。

詳細は古坂のブログに記されているが、この奇跡には2人の同じ名前の女の子が登場する。それについて古坂自身「奇跡だ。奇跡だよ」「今回、こんなに長く、重く、更に書かなくてもいいことを書いたのは…この2つの…奇跡。。起こる奇跡 起こらなかった奇跡。これをあいりちゃんのお母様に伝えたくて…」と、長文ブログを書いた経緯を明かした。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

古坂大魔王さんは、1973年生まれの、お笑いタレントであり、DJや音楽プロデューサーとしての顔も持っています。

2016年に「ピコ太郎」として『ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)』をうたう動画の再生回数が1億回を超えるなど話題となり、その楽曲は世界134か国で配信されています。

古坂さん自身は、青森県の高校を卒業後、お笑いタレントを目指して上京、日本映画学校に入学し、そこで出会った2人とお笑いトリオ「底抜けAIR-LINE」を結成しました。

しかし、2003年9月からお笑い活動を休止し、テクノユニット・ノーボトムの活動に専念し、音楽性を追求するため、所属していた「ホリプロコム」を離れ、ユニットもNBRに改名。

クラブイベントプロデュースや、個人でもmihimaru GTのアルバム・ライブツアーに参加したり、鈴木亜美さんなどの楽曲リミックスを手掛けたりしていました。

そして、2016年に「ピコ太郎」が大ブレーク、2017年にはタレントの安枝瞳さんとの結婚を発表しました。

古坂大魔王 奇跡 のネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

文章の所々から、古坂大魔王さんの優しさが伝わってきました。
なんとか我慢して泣かずに読んでたけど、写真をみた瞬間に号泣でした。
あいりちゃんのご冥福をお祈りいたします。

 

●奇跡って起きないといけないところに起きなかったり、
起きてはいけないところに起きたりするからね。
でも起きてほしいと信じたい気持ちはとても大切だし、
ピコ太郎とあいりちゃんが出会えたのも奇跡のようなもの。

 

切ないけど、すごく温かい気持ちになるお話でした。
このニュースに文書は載ってないけど、リンクからすぐに行けるので是非読んで欲しいと思います。

 

気になってブログまで飛んで、キチンとピコ太郎さんが書いたものを読んで良かったなって心から思えました。

リンク貼れよとか言ってる人には読んでも伝わらないんじゃないかな。きっと引きつけられてブログまで飛んだ人は皆読んでみて良かったって思うだろうし。

この記事がきっかけで天国に行ってしまった、勇敢なあいりちゃんの事をたくさんの人が知ることになった。ピコ太郎さんの中に生き続けるように読んだ私達の中にも生き続けてます。

あいりちゃん次に生まれてくるときも、笑顔が素敵で飛ぶように踊る元気な心の持ち主になっておいでって思う。

ご冥福をお祈りいたします。

 

●よくブログを要約した記事を見るけど、この記事は要約してなくて、それがよかったと思う。
本人のブログを読んだ方が良いもの。

 

なんだよブログのリンク貼ってくれよ
気になるじゃないかってんで見に行ったら・・・

もうね、最後の方に載ってる写真を見て
胸がきゅーってしてしまった・・・

古坂大魔王がブログに載せたかった気持ちが
とてもわかる。

数々の偶然が起こった奇跡。
起こらなかった奇跡の代わり、というわけではないけど、
これを誰かに伝えられずにはいられないね。

特にあいりちゃん、あいりちゃんのお母さんには。

 

●涙が出ました。
辛い治療を頑張った小さなあいりちゃんを
褒めてあげたいです。
あいりちゃんに 奇跡が起きて欲しかったですね。

 

●泣いた。ピコ太郎さんの想いはあいりちゃんとお母さんにもきっと伝わったと思う。

 

●人を喜ばせることができる存在になれるって素晴らしいことですね。
そして、大好きなピコ太郎のために一生懸命にアルパカを探してくれる優しさにもほっこり。

 

●このニュース見たからブログにとんだ。
じゃなきゃ知らずに終わる話だった。

でもね。ニュースにするなら、第三者の手を介して要約するより本人の書いたものを読んでほしいとブログを読むことを進めていいんじゃないだろか。

コメントをどうぞ