松尾英里子 反論!真相や画像は?『NEWS ZERO』セクハラ騒動で降板夫への痛切な思い

アナウンサー

フリーアナウンサーの松尾英里子さんが涙を流して反論しています。

夫の青山和弘さんは『NEWS ZERO』のサブキャスターに内定していたもののセクハラ騒動で降板、異動の報道がありました。

スポンサーリンク

松尾英里子 反論!真相や画像は?『NEWS ZERO』セクハラ騒動で降板夫への痛切な思い

現在2児の母でもある松尾英里子さん。

夫である青山和弘さんにセクハラ疑惑などの報道が出てしまうとつらいでしょうね。

日テレ報道局のエースと言われる一方で、女性関係の評判はよくなかったという声があがるというのは人間にはいろいろな顔があるということのあらわれでしょうか。

仕事ができる人はモテるということも一つとしてあるでしょうが、相手の女性から訴えられたりすることがあるようだと、やはり自分の振る舞いを考えないといけないのかもしれません。

 

セクハラ、パワハラ、モラハラ、マタハラ、いろいろなハラスメントがあふれています。

そこには信頼関係がない、愛情や優しさがない、一方通行の感情だけのような寂しさがあります。

少なからず今回の報道で家族を傷つけてしまったことは確かなことです。

松尾さんの夫への思いは変わらずにいられるのか、ピンチのときこそさらに強くなれるのか、とても気になります。

 

松尾英里子 反論の報道詳細

「セクハラがあったとおっしゃるなら、ちゃんと証拠を出してください!」

 閑静な高級住宅街で松尾英里子(35)は肩を震わせ、ぽろぽろと涙を流していた。2006年に日本テレビ入社後、2011年に結婚。現在はフリーアナウンサーとして活躍中の2児の母。彼女がかばう相手は、夫で日テレ報道局のエースだった青山和弘氏(50)だ。

 彼は、10月から有働由美子(49)がメインキャスターを務める『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のサブキャスターに内定したと報じられていた。
 
 だが9月4日、番組の会見に青山氏の姿はなく、当日の「東京スポーツ」1面には驚きの見出しが躍った。
「有働アナ激怒 日テレセクハラ異動」

 青山氏は報道局の解説委員兼政治部副部長を務めていた。安倍晋三首相(63)とパイプを持ち、番組出演の機会も多かった。だが、女性関係の評判は、よくなかった。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

10月から有働由美子さんがメインキャスターとなる『NEWS ZERO』。

今回の騒動で少し悪いイメージがついてしまったような感じもしますが、他のキャスターの皆さんと力を合わせて、是非有働さんらしい番組にしていってほしいですね。

 

 

 

松尾英里子 反論のネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

可哀想だ。信じたい気持ちは分かるけど。

途中降板よりは良かったのでは? 

私なんかパワハラ上司に何人か遭遇して被害受けたから、パワハラやセクハラは良くないと思うが

証拠がないと認定しづらいのは事実だよね

被害者が泣き寝入りするのは良くないし、
逆に証拠が無いのに加害者と言われるのも良くないね

きちんと証拠を積み上げるしかない
日大内田監督は報道陣の音声とかあったからね 

 

もし、セクハラが事実なら、旦那が奥さんにきちんと真実を伝えてあげないと、潔白だと誤信している奥さんの立場まで危うくなりますよね。難しいとは思うけど、夫婦だからこそ、事実を打ち明けるべき。あくまでも、セクハラがあったならの話ですが。 

 

奥さん、何も喋らない方がよかったのでは。被害にあったという人が嘘をついていると?被害にあったら、顔出し、名前出ししないといけないの? 

 

そのうち過去の女性達から、いろいろ証言が出てきそう。

そして離婚かな。

松尾さんが一番辛い立場になるかもね。

 

セクハラは難しいからね。
他人が、まして奥さんが有無を判断するものではない。受け手の問題。
マスコミのエースで、女がチヤホヤしないわけない。日頃、軽く女性達と絡んだり口説いたりしないわけない。一般企業でも、愛妻家が平気で会社では女性と楽しくやってるのだから、絶対妻にはやましいことがあるはず。
普通の素敵な社会人で、むしろ何もない人の方が少ない。
 

 

有働さんの復帰で注目される中これをやったのだから証拠があるのだろう。信じたいのはわかるが騒いだら問題が大きくなるだけだよ。

 

火のないところに煙は立たないと思いますが…

この奥様は被害者が嘘を付いているとでも?
なんでセクハラはなかったと言い切れるのでしょうか
夫を庇いたい気持ちはわかりますが沈黙していた方が良かったと思います 

 

麻生さんが財務次官セクハラ問題のときに言うてたのと同じですよね。
まあ、その時は、被害者も証拠も出てきてたけど。
メディアに被害者がでる必要はないと思いますが、加害者やその関係者が加害者たる証拠がないと信じることはなかなかできないでしょうね

 

事実かどうかはさておき、報道する人間が報道される側の心理を理解できてよかったですね。

これを教訓に実のある報道を心がけてください。
気が済むのであれば、訴訟でも何でもご自由にどうぞ。

 

真実は分からないままにされてしまうのだろう、例え事実と違う理由でキャスティングの変更が行われたとしてもそれでどうこう言えるものでもない。
若い時分に浮名を流した過去が社会的な立場を危うくする時代だからね。

 

パワハラだのセクハラだのと認定のしずらい曖昧な部分で左遷や辞職というのは厳しいね。
一方だけの話で処分して冤罪ならどうするのかな?
もうご指導ご鞭撻や叱咤激励してくれと言われても、あなたのために心を鬼にしてとは言えないね!
 

 

 

 

コメントをどうぞ