いきものがかり 紅白内定報道も波紋!活動休止の理由は?

芸能人現在

いきものがかり 紅白内定報道が注目されていますね。

およそ2年近く活動を休止していたいきものがかりですが、今月から活動を再開しました。

その復帰後の初ステージが紅白歌合戦となるようです。

 

スポンサーリンク

いきものがかり 紅白内定報道も波紋!活動休止の理由は?

報道によれば、いきものがかりが活動停止したのは昨年1月5日。

第69回NHK紅白歌合戦の出場歌手に内定したことにより、その復帰のステージとなるようですね。

 

ちなみに全国ツアーも控えているとのことですが、それは来春からになるようです。

これまでもグループとしての活動は休止としていたものの、ソロとしては活動を続けていた3人。

今回の報道では、その3人が充電期間を経て、再結成として報じられています。

ただ、見ている側としては、なんだか微妙な気持ちにもなりますよね。

紅白歌合戦のイメージってその年に活躍したアーティストが出場するイメージ。

なので、11月に活動再開したばかりで出ちゃって大丈夫なの?なんて思ったりはしてしまいます。

単純な音楽番組としての位置づけになりそう。

 

 

 

 

いきものがかり 活動休止の理由は?

いきものがかりの3人は今回活動再開として報じられていますが、そもそも活動休止した理由は何だったのでしょうか?

しらべてみると、『方向性の違い』とされていました。

バンドグループなんかではよくある話ですよね。

グループで活動していると、自らの力を試してみたくなったり、主張が強くなったりするものです。

それによって、意見のズレが発生したりしますからね。

さらに調べてみると、以下のような記事がありました。

「’16年にメンバーがそろって出演した『おしゃれイズム』(日本テレビ)で、水野が“プライベートでは、ぜんぜん仲よくないんです”って告白したんです。さすがに司会の上田晋也も“衝撃のカミングアウト!”って驚いていました。その翌年に活動休止となれば、ファンが解散を心配するのは当然でしょう

実はメンバーは仲良くない… というのはファンからしたらあまり聞きたくない内容なんじゃないでしょうか。

また、以下のような内容も。

実は、吉岡さんは“私の好きな歌を歌いたい”って周囲に話しているそうなんです。つまり、メンバーが作る楽曲とは違う楽曲で、自分のボーカル力を試してみたいということ。音楽短大ではミュージカルコースを専攻するほどの腕前で、歌唱力は日本の音楽シーンでもトップレベルですから。

うーん、やはり自分の主張が強くなりすぎるあまり、少しずつフラストレーションが溜まっていった…という感じでしょうか。

それが2年近いソロ活動を経て、ようやく一つにまとまりだしたという感じでしょう。

 

 

 

いきものがかり 紅白内定報道にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

●まるっと一年間活動していなくても選ばれるって何なんだろう。
一方で「XXの活動が評価された」とか、今年のそれを基準にしたものもあるし。
まあ紅白なんて見ないからどうでもいいんだけどね。

 

●いきものがかりは好きだけど、紅白に出たくて頑張っている歌手の方々も沢山いると思う。
それに、本当はその年にヒットなり話題になった歌を歌うはずだったのに、それも関係なくなってきたし。
逆にいつまでも過去の歌を歌っている本人も辛いのではないだろうか。
それに、昨今はお遊戯大会みたいな感じで、見ていられなくなった。
今年も他のチャンネルの歌番組だな、、、。

 

 

●紅白ってこんな軽いのか…
日本音楽の衰退が続いてることを表してる。

 

●NHK歌番に 良く出てる人が出れなくて 何で たいした 活動もしてない グループが出るの?
顧客作戦?これじゃ 一年間頑張った歌手も やる気失くすわ!それに 視聴率下がるのも NHK自業自得だと思うぜ!

 

●2018年活動してなくても出れるんだね
いきものがかりは嫌いではないけど、今年頑張った人達を出してあげて欲しい

 

●なんか変。
NHKの紅白って何?って思っちゃう。
いきものがたりは好きだから出てもらいたいのは十分にあるが、でも紅白は、この一年流行った歌を最後にみんなで歌うというコンセプトのはず。
それを、殆ど休業していたグループを呼ぶこと自体可笑しな話だと思う。一組呼ばれれば一組は落選する。出場出来る数は決っているんだから、一年の大半を休養していたグループより、もっと流行った曲を歌った人を呼ぶべきだと思う。

 

 

●いきものは音楽的にかなり煮詰まってマンネリ化してたから活動休止したわけで、この程度の休養期間じゃ足りないと思う。
海外アーティストは休養しなくとも新作の発表に何年も空けるのは普通だし

 

●活動休止して紅白?意味不明。
他に頑張ってた人や売れた人いるでしょ。
ニュースにするなら厳正に選んで人選してくれよ。

 

●まったく活動していなくてもさ、出れるんだね。
紅白を夢見て一生懸命頑張ってる人が報われない曖昧な選考基準システム。
選考基準の曖昧さは年々紅白離れしていく理由の1つ。
都合で解散して都合で復活…
紅白を辞退くらいして復活のがイメージはいいよね。

 

●みんなが紅白を楽しみにする時代は完全に終わった気がします。これだけ聴く音楽が細分化したら自分が聴かない分野の音楽は基本興味がありません。違う分野の曲を聴いて始めて知る機会にはなるとは思いますが。今回のように話題性だけで選出も基準が曖昧ですね。またヒット曲もないのに選出される方も。昭和の歌謡曲時代とは音楽の聴き方も変わって来ています。年末恒例の番組の音楽番組も内容を多種多様な出演者を揃えるのであれば内容を少し見直さないと纏まりのない番組になるだけじゃないでしょうか?

 

 

 

 

 

終わりに

以上、いきものがかり 紅白内定報道についてまとめてみました。

コメントをどうぞ