内藤裕子 事故でNHK退局 カレー大学で伝道師の真相は?

芸能人現在

アナウンサーの内藤裕子さんがNHKを退職し、カレーを極めているそうです。退職のきっかけとなった交通事故や人生に対する思いがアナウンサーらしくて考えさせられます。なぜカレーに興味を持つようになったのかも合わせて見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

内藤裕子 事故でNHK退局?

1999年にNHKに入局した内藤裕子さんは西は熊本、東は東京まで幅広い放送局でアナウンサー活動を続けていました。

しかし入局してわずか14年、彼女に悲劇が襲います。

帰宅途中の事故です。徒歩で帰宅していたところ車とバイクの衝突事故に巻き込まれ、2カ月の休養を要するほど重症の太ももの怪我を負います。この事故でバイクの男性は死亡しました。事故の大きさがわかります。巻き込まれは非が0ですから本当に可哀想です。

怪我から復帰して丸4年勤務を続けましたが1度しかない人生を考え直し対局しました。

事故は巻き込まれると本当に被害者としては頭が真っ白になるんですよね。

実は私も4年前、帰宅途中駅のホームを歩いていたら後ろから奇声を発しながら思い切り突き飛ばされ、停車中の電車とホームの間にハマりました。救出に時間がかかり、腕を長時間圧迫したため今でも右手の半分は動きません。あの一瞬で私の人生は変わりました。

治療費、治るかわからない戦い、賠償金、今後の生活、就職は?と考えました。きっと内藤さんも相当悩んだと思います。完全に狂った人生。私のように他人を、自分を信用できない日々に苦しんだのではないでしょうか。つまり事故後4年の私は、NHKの退職を決意した内藤さんと同じ立場にいるのです。まだ私は自分の進むべき道がわかりません。決断ができ、充実した人生を送っている内藤さんを尊敬出来ます。

 

内藤裕子 カレー大学で伝道師の真相は?

大きい決断をし見事楽しい生活を送っている内藤さんが目につけたのは「カレー」です。

対局後家事に専念した内藤さんがカレーを極めるなんて主婦らしくていいですね。

対局してわずか4カ月でカレー大学というところで勉強をし、見事カレー伝道師という立派な資格を手にするのです。4カ月で大学入学を決断ですよ?私だったらまだ自室にこもって枕を濡らしていることでしょう。ポジティブ且つアクティブすぎて内藤さんらしいですよね。

今ではInstagramを開設し日々カレーの画像を投稿している内藤さん。

資格を有するだけじゃなくSNSで情報発信しているので主婦のみなさんも参考になるのではないでしょうか。

カレーって日本の鍋文化の1つじゃないですか?野菜、タンパク質、炭水化物が均等にとれ、手軽でアレンジは無限大です。

資格を生かしてカレー講師をやっており、将来的には経験を生かしたアナウンサーカレーの開発を目指しています。本当に充実していて羨ましいですね。

 

 

 

内藤裕子(ないとう ゆうこ)プロフィール

    • 名前:内藤裕子
    • 生年月日:1976年7月13日
    • 出身地:東京都
    • 身長:174cm
    • 血液型:A型
  • 所属事務所:生島企画室

現在もアナウンサー活動を続けています。元あさイチレポーターとして多く活動していましたが現在は退社しカレーを極めています。

カレーというと他にも某有名アイドルユニットのメンバーもカレーのスパイスを学びに海外行っていましたよね。スパイスの調合で味が大きく変わります。生姜・蜂蜜などの具材も入れて喉を使う仕事をする方に食べていただけるようなカレー作りを目指しているそうです。

カレーのスパイスと言えばシナモンですね。意外な答えかもしれませんがシナモンでカレーの味が決まるというくらい重要なスパイスらしいです。シナモンも生姜同様体にいいですから、シナモン研究も進めてもらいたいです。

 

 

ネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

 

おわりに

人は必ずしも仕事をしなければいけないわけではありません。社会人=仕事というイメージが浸透していて時には「甘え」だと言われることもあります。ですが事故という大きな壁を乗り越え、生き方を決断できたのです。素晴らしいことです。

内藤さんはNHKを退職しカレー大学、大学院を経てカレー講師もやっています。これからの活躍も期待しています。

コメントをどうぞ