【SUITS/スーツ】6話ネタバレあらすじ視聴率&7話予想!

ドラマ

日本版ドラマ、SUITS/スーツの6話が公開されましたね。

2018年11月12日(月曜)夜9時に放送されました。

この記事ではSUITS/スーツ第6話の内容ネタバレについて記載していきます。

 

スポンサーリンク

【SUITS/スーツ】6話ネタバレあらすじ視聴率

こちらは予告の動画ですが、気になる方は是非

ネタバレあらすじは以下となります。

第5話を見逃した方はこちらへ

【SUITS/スーツ】5話 ネタバレあらすじ視聴率&6話予想!
日本版ドラマ、SUITS/スーツの5話が公開されましたね。 2018年11月5日(月曜)夜9時に放送されました。 この記事ではSUITS/スーツ第5話の内容ネタバレについて記載していきます。 【SUITS/スーツ】5話 ネタバレあ...

 

20億円の仕事、不穏な予感

乗馬クラブで、甲斐弁護士(織田裕二)は幸村チカ(鈴木保奈美)から内海財団の内海真須美会長(ジュディ・オング)と引き合わされる。

インドネシアへの投資について、轟フィナンシャルの計画の失敗により、20億円がそっくりそのまま損害になっているという。

リスクはつきものだが、少しでも回収できないと難民プロジェクトなどがとん挫する、との嘆きの依頼だ。

「資料見る限り難しい」という甲斐に、チカは蟹江協力して当たるように指示する。

事務所では「轟フィナンシャルの資産を調べろ」などと蟹江(小手伸也)が鈴木大輔(中島裕翔)に威張っている。

「甲斐先生に話を通して」という大輔に、自分は「アソシエイトに足を引っ張られてばかり」とグチる蟹江。

甲斐は「チームは同じでも立場は違う」と蟹江を一蹴し、大輔には別の仕事を頼むのだった。

 

 

 

 

 

轟フィナンシャルの、不正の証人の死を誘発してしまった蟹江

甲斐を待たず、蟹江は轟フィナンシャルの面々と第1回の折衝を始めていた。

「社会情勢で難民が溢れている、あなたの会社が内海財団の金を盗み取ったから」と強気で責める蟹江。

小堺経理部長が3000万円を海外に口座に送金していることに触れ、「原資は何だ?」といいつのるが…

なんと、小堺は発作で倒れ、救急車を呼ぶが絶命してしまう。

「証人はロビーで亡くなった」と自分を待たなかった蟹江をののしる甲斐。

「玉拾いもまともにできないとは」とけなす。

小堺部長は肺塞栓症で持病の悪化なので、蟹江に責任はないとチカはフォローするが…。

厳しく問い詰めるのは当たり前、時間厳守は最低条件なのに甲斐が遅れたのだと言い張る蟹江。

チカは蟹江に席を外させ、蟹江は金融犯罪には詳しいのだから、と甲斐をなだめる。

俺一人で何とか、という甲斐に「何とかなるなら組ませてない!」とチカ。

「事態を複雑にするだけでは?」と言い置く甲斐だった。

追い打ちをかけるように、蟹江から無茶な提案が。

相手方の毛利弁護士が救急車を呼ぶために外したとき、小堺が罪を認めたことにすれば?、とのサギ話。

「出ていけ」と一刀両断する甲斐だった。

甲斐は、眉間のシワが取れない状態。

大輔の方も、仕事の進捗ははかばかしくない。

相談を持ち掛けようとすると、「親離れしろ」と話に乗らない甲斐だった。

 

 

 

 

 

父娘に挟まれ、当惑する大輔

大輔が甲斐に任されたのは、アテナリゾートの藤原社長(大澄賢也)と、娘の華名(佐久間由衣)の仲裁だった。

大学院生の華名は父親の会社の社員証を偽造、勝手に出入りしたあげく、会社の金1億円をくすねてしまったとのこと。

華名は大学院で、微生物に分解させるプラスチックの研究をしていた。

指紋認証が必要な分野まで侵入しているし、社員証の偽造は私文書偽証罪、取った1億円は会社の資金なので、立派な犯罪だ。

大学院の研究室に出向き、大輔は華名を説得しようとする。

しかし、華名は堅い態度を崩そうとしない。

弁護士ならあいつの会社が何をしたか調べたら、というのだった。

アテナリゾートは、500人の人々が住む南の島の環境破壊をしたとのこと。

環境データを不正操作し、金もうけのためのリゾートホテルを建てたとのことだった。

お金は島の住人に還元する、という華名に、大輔はお手上げだった。

疲れた大輔を、家の前で待っている砂里(今田美桜)。

砂里が大輔のおばあちゃんのレシピで作った夕食をつくってくれる。

兄・遊星より「絶対負けんなよ」との伝言、彼は静岡に帰って仕事を探すとのこと。

おばあちゃんの漬物も食べ、くつろぐ大輔。

「ダイキって呼んでもいいかな」という砂里だった。

しかし、翌日も事件の方は一向に解決しない。

大輔は父娘の間に挟まれていた。

「犯罪行為を隠すの!」

「住民の皆さんには説明を」

「私が環境を研究しているのに、父親が破壊をしているなんて!」

笑い話にもならない、と華名。

父の藤原社長は、反抗期の気まぐれではすまない、犯罪者だ、大事な従業員の金を返せ、と言い募る。

華名はお金は島のために使う、と言い「いつも胡麻化している、ママが死んだときもそうだった」と父を罵倒する。

ケンカ別れに当惑してしまう大輔だった。

 

 

 

 

 

暗礁に乗り上げる、甲斐と蟹江

第2回目の轟フィナンシャルとの交渉。

轟社長や弁護士たちが、内部調査資料を見せに来た。

彼らの言い分は、
・横領の事実はあった。
・小堺経理部長が犯人。
・3000万円を轟が私有財産から返却する

破産申請前なので、これが精いっぱいの誠意だという毛利弁護士。

作り話をするならもう少しましなウソを、と甲斐は鼻で笑う。

甲斐の調べによると、小堺の操作していた金は、妻が株取引で儲けた金だった。

節税対策でも考えていたので秘密だった様子とのこと。

「今度うちに来るときは、全額用意できるときに」と締める甲斐。

しかし、内海会長は弱気になっている。

「高い授業料」と諦め、和解を飲むとの話に、「それは出来ません」と声がそろう蟹江と甲斐。

長引くなら手を引くという会長の考えに、動揺する2人だった。

小堺の葬式の日。

亡き主人の悪口に耐えている妻に対し、「私の敵はご主人じゃない、轟です」と言い、味方につけようとする甲斐。

「生前、轟社長について、何か書き残したものは?」と話を進めようとするも。

蟹江が到着し「夫はあなたのせいで死んだ」といい、怒りのあまりビンタする妻。

態度を硬化させた妻に「大事な証人を、また失ったんだぞ」とうんざりする甲斐だった。

朝、ジョギングする蟹江は焦っていた。

轟フィナンシャルの米倉弁護士が同じく走っているのを見つけ、チャンスととらえる。

もし不正を立証できれば、君の将来も終わる、と、ゆさぶりをかける蟹江。

轟フィナンシャルに、蟹江と甲斐が轟社長を訪ねると、社長は不在との返事。

「高跳びされたのでは?」とイヤミを言う甲斐。

米倉弁護士から入手した裏帳簿を見せ、インドネシア計画の話はウソ、最初から破産をでっち上げる予定だった、と断罪する蟹江。

「20億全額返却を」と背あるが…。

毛利弁護士がニヤリと笑う。

米倉弁護士の行動はバレていて、ニセ帳簿を作っていた、というのだ。

また脅迫、と言われ、「和解金1500万円に」と値切られてしまう。

蟹江の、大失態だった。

 

 

 

 

 

ピンチの大輔

残業する大輔のもとに、華名が現れる。

「どうやってここに?」という大輔に「ニセ弁護士がいるって聞いたんで」と爆弾発言をするカナ。
ハーバード大の資料も調べ上げていて、“スズキダイキ”がバレているようだ。

私の件から手を引いてと言われる大輔。

その脅しを、蟹江のアソシエイト館山に聞かれてしまったらしいが、大輔は気が付かなかった。

しかしイライラしている蟹江は、アソシエイトのせっかくの「いい話」を聞きそびれてしまう。

危機を感じて「手を引きましょう」という大輔の報告に、ハッタリだ、と甲斐は気にしていない様子。

彼女は盗んだ金をまだ使っていないし、父親も娘を訴えていない。

じゃあどうすればいい…と質問しようとする大輔に、またもや「親離れを」という甲斐だった。

自分で考えなくてはならなくなる大輔。

「娘さんに謝罪を」という大輔に、社会じゃ通用しない、という藤原社長。
ついに娘を訴えると言い出す。

大輔の報告で「社長はお嬢さんを訴える」と聞いた甲斐は、お前もか、とうんざり。

父と娘は3年前は照れ臭くなるくらい仲が良かったらしい。

「あの親子が訴訟で争うなんて考えられん」と甲斐。

「見過ごすことは出来ない」という父親の言葉にヒントがあることに、気づいた大輔。

走り出そうとする大輔に、内海財団の件が難航していると、手伝うよう甲斐が言い出したところ…。

「いい加減子離れしたらどうですか」と返す大輔だった。

「いけよ」と甲斐。

鼻で笑うが、大輔の成長は嬉しいようだった。

大輔は大学院の研究室へ。

華名に藤原社長から、と父母の仲のよさそうな写真を見せる。

華名はリゾート計画にかかりっきりで、闘病中の母の看病一つしなかったことを怒っているのだった。

「君は誤解している」という大輔。

リゾートホテルを望んでいたのは母だったこと、ホテルは母のために急いでいたので、環境資料を不正したらしい。

母親を憎んでほしくなくて、父はそれを隠していたのだ。

ショックを受ける華名。

島民説明会から父が帰国したら、話し合うことを納得する。

大輔はもう一つ、と、華名にある頼みごとをする。

 

 

 

 

 

無敵の3人

「和解を受け入れましょう」という代表に「それは出来ません」とまた甲斐と蟹江の声が重なる。

2人が足を引っ張り合って物事がこじれていることにうんざりして、怒鳴ってしまうチカだった。

チカ代表は、交渉の長期化を望んでいない、「明日までに何とかして」という。
状況は、切羽詰まっている。

そこに華名を連れた大輔が加勢に入る。

サクッと轟のクレジットカード情報を探し出す華名。

ホテル、カジノ、マッサージ…とシンガポールで豪遊している姿が浮かび上がる。

調子に乗って、会社の帳簿へのハッキングまで依頼する甲斐。

あっという間に華名は入手してしまう。

道場で“真剣”での居合切りの稽古をしている蟹江。

チームメイトを呼びに来た甲斐の拍手が聞こえる。

しかも甲斐は「似たもの同士」「尊敬もしている」と続けるのだ。

何と、蟹江が米倉弁護士から入手した裏帳簿は、本物だったのだ。

轟ファイナンス側は苦し紛れに“ウソ”と言っていたらしい。

「一緒にやろう」と、蟹江に金融犯罪についての力を借りたいという甲斐だった。

轟はシンガポールに、内海財団の20億のほぼ全額を隠したらしい。

銀行を8行までに絞った3人。

「このチームなら朝までにはわかるさ」という甲斐。

3人を陰から笑顔で見守るチカ。

しかし代表室の机の上には“名無しより”との不穏な手紙。

どうも例の館山がおいた手紙のようだった。

 

 

 

 

 

甲斐と蟹江の大団円、大輔も無事

再び甲斐と蟹江の轟フィナンシャル訪問。

今度は轟社長が在籍していた。

「シンガポールがお好きなんですね」とカマをかける甲斐。

譲り合いの末、蟹江が華名の仕事で入手した資料を突き付ける。

違法な手段を使わない限り不可能、という毛利弁護士。

弁護士生命の危機を指摘されても「廃業上等」とタンカを切る蟹江。

その剣幕に「刑事告訴はしないでくれ」と口を割ってしまう轟社長だった。

金は返す、という社長に「20億今週中に」とまとめる甲斐。

「ああいってますし許してあげたら」とおちゃらける甲斐に、「そだね」と軽く言う蟹江だった。

無事返金和解のサインを勝ち取るコンビだった。

会長はチカに抱き着き、大喜び。

感謝している、という話を聞き、私一人の力じゃないという甲斐だった。

君も疲れていたら好きに休め、と部下に上機嫌の蟹江。

しかし会長と甲斐がハグしあっているのが目に入り、口をゆがませる。

「ぬけがけか」と独り占めを疑う蟹江。

考えもしなかったと甲斐は言うが…。

ため息をついた甲斐に、チカ所長からの呼び出し。

鈴木先生も、と呼び出されたのは“名無しより”の件だった。

『ハーバード大卒は詐称』とある。

今すぐネットで確認してみようというチカ所長。

…何と名簿には問題がなく、大輔の写真が表示される。

ニセ情報とわかり「誰、こんな手紙書いたの?」とチカ。

大輔にも知らされていなかったが、華名が写真を差し替えてくれてあったようだった。

得心と安心の笑みを交わし合う2人だった。

 

 

 

 

【SUITS/スーツ】6話の感想&7話予想!

何と、甲斐と蟹江が無事共闘して、20億円の返却を勝ち取りましたね。

途中までの段階では「1500万円」まで値切られていましたから、信じられないくらいの勝利です。

轟フィナンシャル側にタンカを切る場面では譲り合ったりなんかして、本当に良きライバルという雰囲気が出ていて、良かったです。

ただ、弁護士資格について「廃業上等」と蟹江が言ったのには、行き過ぎだ、とばかりに甲斐も顔をしかめていましたね。

せっかくだから、内海会長のお礼のハグも分かち合えばよかったのに、と思います。

甲斐は米倉弁護士を蟹江が落としたところまでは褒めていたのだから、うまく締めていれば、1年ぐらいは足を引っ張られずに済んだかもしれないのに、と惜しかったです。

2人、持ち味の全く違う役者さんですが、顔芸が並ぶとコミカルさが倍以上に増して、本当に面白かったです。

それにしても、今回も大輔の方の事件の余波で甲斐の事件が好転するパターンでした。

ドラマだからだと分かっているのですが、何だか2人が「親離れ」「子離れ」と言い合っているのと合わせて見ても、すごくいい関係を築いているんだな、とわかって、嬉しいです。

華名への依頼だって、個人的には大輔が「もうひとつ、お願い」と言った時点で、ハーバード大の卒業生データ書き換えを依頼したのだと思っていたのに、大輔が頼んだのは甲斐を助けることでした。

結果オーライでしたが、大輔がジュニアパートナーとして甲斐の仕事を気にかけている態度は、蟹江と館山らには見られない光景で、見ていてすごくほっこりする関係です。

 

SUITS/スーツの第7話の予告はこちらです。

 

【SUITS/スーツ】5話 ネタバレあらすじ視聴率&6話予想!
日本版ドラマ、SUITS/スーツの5話が公開されましたね。 2018年11月5日(月曜)夜9時に放送されました。 この記事ではSUITS/スーツ第5話の内容ネタバレについて記載していきます。 【SUITS/スーツ】5話 ネタバレあ...

 

 

コメントをどうぞ