【SUITS/スーツ】5話 ネタバレあらすじ視聴率&6話予想!

ドラマ

日本版ドラマ、SUITS/スーツの5話が公開されましたね。

2018年11月5日(月曜)夜9時に放送されました。

この記事ではSUITS/スーツ第5話の内容ネタバレについて記載していきます。

 

スポンサーリンク

【SUITS/スーツ】5話 ネタバレあらすじ視聴率!

こちらは予告の動画ですが、気になる方は是非

ネタバレあらすじは以下となります。

決算報告会

事務所の2018年上半期決算報告会。

読み上げるパラリーガルの聖澤真琴(新木優子)。

トップは蟹江弁護士(小手伸也)。

「正攻法ですよ」と自慢げだ。

賞品は1人分の京都の歌舞伎チケット、幸四郎の襲名とのこと、プレミアものらしいが…。

一方売上1位は甲斐弁護士(織田裕二)。「量より質」と偉そうだ。

しかし、賞品は「悪いい予感」と秘書に渡す。

中身は蟹江と同じ、歌舞伎チケットなのだった。

 

大輔、遊星のもとに!しかし交通事故が。

大輔のもとに、ある法律事務所から電話が入る。

谷元遊星(磯村勇斗)が逮捕されたとの連絡だった。

大輔は止むを得ず、「祖母が怪我を」と甲斐に嘘をつく大輔。

意外にも甲斐は「車の手配を」と親切だ。

しかし困った大輔は、赤城運転手にこっそり事情を相談し、遊星のもとに駆けつけようとする。

好意的な赤城運転手、しかし会話の流れでジャズのCDを大輔に見せようとして、トラックの脇腹に追突する事故を起こしてしまう。

「私の不注意です」と警察に連絡しようとする赤城。

怒って降りてきたトラックの運転手は一見無事そうだった。

大輔は名刺を渡し「お体は大丈夫?」と労わろうとする。

法律事務所?と名刺を見た運転手は目の色を変える。

「甲斐正午はまだいますか?」と嫌な感じで笑う運転手。

赤城に気を利かされて「急ぎの用事で」と抜けて車をひろう大輔だった。

ボロッとした遊星を引き取る大輔。

 

飲み屋で他の客と口論になり、暴れた店内の弁償を求められているとのこと。

大輔に聞かれ、もう何もない、借金の返済でマンション、車、3000万円も全部持ってかれた、ネットカフェに泊まっているという。

「砂里にも電話拒否られた」とぼやく遊星。

「ここが地獄じゃあるまいし」とマンガ「ワンピース」のセルフで励ます大輔。

 

 

「俺は海賊王にはなれない」と遊星。

膨大な利息を付けられていて払えず、借金取りからの電話がまたもやかかってくるのだった。

 

 

 

 

示談に応じない被害者、大輔と遊星の飲み会

被害者にあたる糸井運転手が、赤城との示談に応じない、どうしても訴えるという。

連絡先を見た甲斐には「糸井社長…」と心当たりのある様子。

ご心配なく、この件はこちらで処理します、と言いながらも「よりによって」とため息をついていた。

「何故専門家であるお前がやらず、素人に任せた?」と大輔を怒る甲斐。

「すいませんでした」と謝る大輔だったが、祖母についての嘘はもう甲斐にバレている。

悪友か?と聞かれ「更生の手助けを…」と説得しようとする。

しかし甲斐は、雇う条件が過去との決別だと言い「けりを付けてこい!」と送り出すのだった。

「リセットできますかね?」と秘書の玉井加耶子(中村アン)。

「過去で未来を犠牲にするなんて馬鹿だ」という甲斐に、割り切れないのが人間では?と切り返し、記事を見せる。
雑誌の記事「京都地検幹部の汚職疑惑に進展」には、甲斐の先輩らしい柳検事(國村隼)の写真が乗っていたのだった。

夜の街をさまよう大輔。

遊星のネットカフェを見つけてみたら、PCで一応職探しをしているところだった。

高校中退じゃうまくいかない、という遊星。

「もう会えないって言いに来たんだろ、悪かったな」としょげるので、つい飲みに誘う大輔だった。

酔っぱらってテンションが高くなる2人。

法律事務所の封筒を見た遊星は、弁護士になったと聞き「なんで早く言わない?」と驚く。

「いろいろ言えないことがあるの!」と返す大輔。

お祝いだ、朝までいくぞ!と盛り上がる遊星の横で、法律事務所の封筒をじろじろ見ている客に大輔は気づく。

クラブに不似合いな、人相の悪い男だった。

 

被害者糸井と交渉しようとする甲斐

糸井元社長の自宅前で待つ、甲斐。

糸井はクビに何と頸椎固定装具を付けている。

「今は雇われ運転手ですよ」と自虐的にいう。

「このたびはご迷惑を」と監督責任を謝る甲斐に、一応「先生のせいじゃない」というものの…。

糸井ベアリングを畳んだのですか、という甲斐の問いに、自虐的な糸井。

裁判沙汰の後に負債を抱え、従業員も奥さんも逃げてしまったという。

事故の件はこちらの不注意だと認め、示談での解決をしたいという甲斐に、糸井は賛成しない。

運転が怖くなった、大型免許を取ったのに、と「精神的苦痛」を大げさに訴える。

 

示談では生活保障がないというのが言い分だ。

そこまで深刻な事故とは聞いていない、裁判費用の無駄だと封筒の金100万円くらいをお見舞いにと渡す甲斐。

「たったこれだけで?」という糸井に「いくらほしい?」と聞くと、買収か、と騒ぎ出す。

「精神的苦痛をこうむった。帰れ!」と怒鳴る糸井。

「運転手には悪いが、あんたのお抱えとわかった以上、示談はない」

と言い張るのだった。

大輔は訴訟になると聞き驚く。

「普段の甲斐先生なら、一二三物流の顧問弁護士と直接応対して片付けるのでは…」という大輔。

「あの弁護士に頼むのは相当な覚悟がいる」

「大物?」

「ちっちゃくはないわな」

そう甲斐が眉をひそめたのは、なんと蟹江弁護士のことだった。

何故か猫がいる蟹江のオフィス。

ネットのネコ友の猫を預かったとのこと。。

ヒャっと飛びのく甲斐。

ネコが嫌いではない、といって一二三物流の話をするが…。

上層部から示談の話をという甲斐にゴネ、結局何かをねだる蟹江。

眉をひそめる甲斐。

蟹江の条件は、玉井加耶子を二日間貸してほしいということ。

 

どうも蟹江の秘書の馬場は、蟹江への不満がわりに早退や休暇が多いらしい。

「二日だけ、あとは休暇だ」と加耶子に頼む甲斐。

「嫌です!」と一刀両断の加耶子。

「…パリ」とつぶやく甲斐。

「嫌です」と今度は優しく断る加耶子。

困る甲斐は「タマ、たのむ」と情けなそうな顔になってしまったのだった。

 

 

 

 

大輔の調査、加耶子の蟹江撃退法

真琴と大輔は調査中。

かつて甲斐と糸井が特許権を争って訴訟したというのは、ネット記事「糸井ベアリング、特許権を侵害か」とのことだった。

糸井に対し大手メーカーが類似品に文句をいったが、訴訟にならなかった一件だ。

糸井の過去の決算の申告漏れなどをつついた、甲斐先生の強引なやり口で和解に持ち込んだらしい。

さらに大輔は赤城の車のレコーダーの映像を調べていて、疑問点を見つける。

そこに受付から面会の連絡が入る。

行ってみるとバーで会った男だった。

2人組の怪しい雰囲気に、逃げる大輔、追う2人。

非常用階段で逃げ、駐車場に出ると、赤城が車の手入れをしていた。

助けてもらい、ため息をつく大輔。

遊星、俺だ、折り返したい」と大輔は電話に伝言を残す。

「心配ですね」と赤城。

「赤城さん、優しいんですね」

「誰かが手を差し伸べれば…私だって甲斐先生が拾ってくれたからこうやって何とか」

どうも、赤城と甲斐は古い付き合いのようだった。

大輔はとりあえず遊星の妹・砂里(今田美桜)に連絡を入れる。

 

そのころの蟹江。

口臭スプレーでお手入れし、いそいそと加耶子に会いに行くが手紙がおいてあるだけ。

読んでビックリの蟹江。

屋上に呼び出されたらしい。
靴をそろえて自殺を装う準備をする加耶子。

「何でもいうことを聞く、早まっちゃだめだ」

とあわてて加耶子に騙される蟹江だった。

携帯を切り、はたと振り向く甲斐。

加耶子がチャッカリ戻っている。

蟹江先生は馬場さんじゃないとダメみたいで、としらばっくれるのだった。

幸村代表(鈴木保奈美)に呼び出される甲斐。

「甲斐弁護士の脅迫音声」とネットニュースに糸井とのやり取りがアップされている。

「ねつ造ですよ」と動揺を見せない甲斐。

「知ってる」しかし、ネットに出たことを問題視する幸村チカ。

一二三物流とは話を付けたのでは、との甲斐の問いに、

「これはドライバーが勝手にやったこと」

と言う蟹江。

顧問契約の考え直しが、大口顧客から来ているとのこと。

敏腕弁護士が一般市民を虐待する構図に、世間は盛り上がっているようだ。

「偶然ぶつかった相手が悪かった」

とぼやく甲斐。

「必然では?なりふり構わずやって来たツケ」

とチカ。

「因果応報身から出た錆。ブーメランだ」

と嬉しそうな蟹江に、

「スリリングで最高に楽しい」

と返す甲斐だった。

あくまで赤城をかばう甲斐の態度が気になり、チカは加耶子に過去のいきさつを聞き出す。

赤城は検事時代の証人で、弁護士が偽証を強要したが、正しい証言を甲斐にして音楽業界にいられなくなったとのこと。

チカは甲斐に糸井側からの訴状の通知を渡し、手を切りたいというクライアントが続いていると愚痴る。

「この案件が片付けば、風向きが変わる」

という甲斐。

かつての事件に後悔はないという。

糸井がかつて作ったものは甲斐のクライアントのコピー商品で、知的財産を守っただけだとのこと。

訴訟を潰しにかかったのは、糸井の会社が崩壊するのを防ぐつもりの、甲斐の優しさだったのだ。

「余計な気遣いでした」

という甲斐に、

「この仕事してれば、そういうこともあるわよね」

と少し納得するチカ。

「だったら、ちゃんとケリを付けて」

庶民いじめのファームの烙印はゴメン、とだけいう、チカだった。

 

 

 

 

事故の真相

大輔の調べた赤城のドライブレコーダーの映像によると、糸井には一時停止無視の可能性があった。

しかも、一二三物流の糸井のトラックには、たまたまその日に限ってSDカードがなかったという。

大輔は精密な記憶力から通りすがりの掃除代行サービスの車を割り出し、ドライブレコーダーを提供してもらう。

一二三物流の糸井のもとに来る、甲斐と大輔。

糸井はコルセットも付けずに、普通にトラックを洗っていた。

「お出ましか」

とケンカ腰だが、首を指摘されて慌てる糸井。

「訴訟の前にお見せしたいものがありまして。録音したいならどうぞ」

と言う甲斐。

掃除代行サービスの車のドライブレコーダー。

一時停止無視の証拠と、法定速度超過の様子がしっかり映っている。

配送業で会社を起こしたかったので欲が出て、悲劇の庶民を気取ったのだ、と断罪する甲斐。

「何とでも言え」

と糸井。

「買収する弁護士だと知れわたっている、マスコミに化けの皮を剥がされるんだな」

というが…

「それはどうでしょうね」

と余裕の甲斐だった。

甲斐にはSNSに100万人のフォロワーがいる友人が多数いる。

「“悲劇の庶民を演じていた男の化けの皮が剥がれる”となれば、世間は平気で手の平を返しますよ」と甲斐。

くそっ、と何も言えなくなり道にうずくまる糸井だった。

「これからもクライアントを守ためならあらゆることをしますよ。たとえあなたと100回争っても、100回勝つ!」

決心のある甲斐の顔立ちだった。

訂正記事は今日中に、でないと訴えるといい、「傷つけられた私のプライドは、高いですよ」と言い置くのだった。

 

 

 

 

大輔の清算

事務所には、例の2人が大輔を待っていた。

「羨ましいよ、お前には優しそうな友達がたくさんいて」

と眉をしかめる甲斐。
大輔は何かを丁寧に渡される。

「借用書・500万円」とあり、“鈴木大貴”が連帯保証人になっている。

 

 

「いいのかな彼がどうなっても」

と大輔はボロボロに殴られた遊星の写真を見せられる。

「わかった」

と時間の猶予を求める大輔を、遠くで見守る甲斐。

「やれるか?」

「僕が何とかするしかないんですよね」

「気楽にいけ」

甲斐が投げたものはウィスキーのスキットル。

「正義は勝つ、ですよね?」

という大輔に、

「それは違う、勝者だけが正義だ」

と甲斐。

「今のワンピースのド・フラミンゴのセリフですよね!」

と反応する大輔だった。

倉庫街。

スキットルを胸に、トランクを持つ大輔。

「ダイ、悪いな」

と遊星。

しかしトランクの中には金はなく、1枚の写真だけだった。

「なんだよこれ!金はどこだ」

と騒ぐ借金取り。

ふざけんなよ、という2人に、大輔は調べた結果を話す。

利息制限法無視の違法行為、傷害罪も追加、拉致監禁、暴行、懲役何年になるかわからないな、と続ける。

危うく殴られそうになるが、5分後に上司が通報するぞ、と冷静な対応の大輔。

遊星を開放するなら犯罪行為には目をつぶる、という大輔に、無言で去るしかない借金取り2人だった。

「信じられるのはお前しかいない。心入れ替えてちゃんと働く」

と並べる遊星。

「恩を感じているなら、俺に近づくな、連絡もするな」

と言い切る大輔。

更生するなら俺のいないところでやれ、という大輔だった。

怒った遊星はつかみかかるが、大輔の本気を見て取る。

「俺はもうお前の知っている俺じゃない」

という大輔の言葉に力が抜ける遊星。

しかし突き放した大輔は、自分自身も心が傷ついていたのだった。

 

 

 

 

招かれざる客

そのころ、甲斐のところでは、加耶子があるお客・柳にお茶を出していた。

柳検事は加耶子とも顔見知りのようだ。

「何しに来たんです」

と迷惑を示す甲斐。

「過去はリセットできるもんじゃない」

とニヤつく検事は手を貸してほしい、という。

援軍を頼まれ、断る甲斐。

私のことを一番理解しているのは君だと思っているが、という検事に

「だからこそです」

という甲斐だった。

嫌な顔を見た、馬場さんと飲みにいくので早退を、という加耶子。

甲斐の方は赤城の車に乗りにいく。

戻ってきた大輔とすれ違い、うなずき合う甲斐。

車に乗り赤城に

「もう事故は勘弁ですよ」

と言い、ジャズとコーヒーを楽しむ甲斐だった。

 

 

 

 

【SUITS/スーツ】5話 感想&6話予想!

ついに大輔は遊星と決別しましたね。

そうは言っても遊星の妹・砂里に祖母のことをいろいろ頼んでますから、完全に縁が切れるわけではないでしょうが。

「ダイキ」と「ダイスケ」の件は、きちんと説明できたのでしょうか。
また思わぬところで足を引っ張られないといいのですが…。

そして甲斐の過去も。少しだけ見えてきました。

どうもヤバイ検事柳との付き合いはあったものの、赤城の良心的な証言に報いるような、義に厚いところのある性格だった様子。

また糸井ベアリング倒産の件も、良かれと思った示談が裏目に出たというわけで決して「庶民いじめ」タイプの弁護士ではない雰囲気です。

つまりは上昇志向に合わせた冷たい態度の方は仮面ということでしょうか。

加耶子秘書との関係も長そうです。

ひょっとして検事事務官か何かだったのでしょうか。

木村拓哉主演の「HERO」や吉高由里子主演の「正義のセ」に出て来た、検事と事務官の親密な感じを思い出して、いろいろ想像したくなりますね。

それに加耶子は単に有能ということだけでなく、絶対甲斐弁護士が好きなんだと思います!
いえ、蟹江が嫌いなだけでしょうか…。

 

 

次回の予告では、今度こそ大輔の詐称問題がバレそうな見込みです。

大輔のことも気になりますが、切羽詰まった状況になった時に甲斐がどう動くのか、興味津々です。
まさか第1話みたいに、いきなり縁を切って見せることはないと思うのですが…。

コミカルな面では、蟹江と甲斐が協力する事態が来る様子、きっと面白いドツキ合いが見れますね!

 

 

コメントをどうぞ