安室奈美恵 NHK紅白拒否はタトゥーを消したくないことが理由? 今年は大トリ出場?

来年9月で引退を発表している歌手の安室奈美恵(あむろなみえ)さん。

現役歌手として年末を迎えるのは今年で最後となります。

そのため、今年のNHK紅白歌合戦では大トリになるのではないか?との話も広がっています。

しかし、安室奈美恵さんの紅白出場には大きなハードルがあり、それは彼女のタトゥーが関係しているとか!

詳しく見ていきます!

スポンサーリンク

 

 

安室奈美恵・wiki

プロフィール

  • 名前:安室奈美恵
  • 生年月日:1977年9月20日
  • 身長:158cm
  • 出身地:日本・沖縄県那覇市
  • 事務所:stella 88

かんたんな略歴

  • 沖縄アクターズスクール出身。
  • 1992年9月16日に「SUPER MONKEY’S」のメンバーとしてデビュー。
  • 1995年4月に初のソロ曲「太陽のSEASON」を発売し、プロデューサー・小室哲哉(58)とのタッグでスターダムを駆け上がった。
  • 1990年代後半にはミニスカ&ブーツのスタイルをマネする女子中高生が『アムラー』と呼ばれ、社会現象となる。
  • 1996、97年には2年連続で日本レコード大賞を受賞。「CAN YOU CELEBRATE?」「SWEET 19 BLUES」などヒット曲は数知れず、女性歌手として初めて10、20、30代の3世代ミリオンセールスも記録。
  • CDとDVDの総売り上げは3700万枚を突破している。

何故タトゥーが紅白出場に関係している?

これまでに、安室奈美恵さんは1995年から2003年まで、9年連続でNHK紅白歌合戦に出場していました。

しかしながら、2002年の出来事がきっかけとなり、それ以降ぱったりと紅白出場の話がなくなったとのことです。

その理由は、同年に安室奈美恵さんは左腕の肩近くに黒色のタトゥーを入れており、

紅白歌合戦の視聴者から『安室のタトゥーが見えている』との抗議の電話が多く寄せられたとか。

2003年の出場時にはタトゥーが無くなっており、テレビに映らなかったため、

『安室タトゥー消した?』『ドーランで隠した?』等と言われていました。

2004年以降は安室奈美恵さんは紅白には出場しなくなりました。

その理由は明確にはわかっていませんが、『タトゥーを消して紅白に出場することに納得していないのでは?』という話もネット上で上がっています。

安室奈美恵のタトゥーにはどんな意味が?

では、仮にタトゥーを消して活動することを納得していないとすれば、

安室奈美恵さんのタトゥーにはどんな意味があるのでしょうか?

タトゥーの場所は?形は?

まず、安室奈美恵さんのタトゥーの場所ですが、

現在確認する限り、両腕にあることが知られています。

まず、左肩から紹介すると、

そこには大きな楕円形のものと、イニシャルのようなタトゥーが2つ。

楕円形の方には

  • JUN.30 in 1950
  • My mothers love live with me
  • Eternally in my heart 
  • R.I.P
  • MAR.17 in 1999

と、記載しており、意味は

  • 1950年6月30日(お母さんの生年月日)
  • 母の愛は私と一緒に生きている
  • 私の心の中で永遠に
  • 安らかに眠れ
  • 1999年3月17日(お母さんが亡くなった日)

ということのようです。

母親の事件の事を胸に刻むため、タトゥーとして残したのでしょうか。

そして、其の下のイニシャルのようなタトゥーには

  • HARUTO

と記載されています。

これは、息子の安室温大(あむろはると)くんの名前を入れているんですね。

息子さんを大切にされているんですね。

また、右腕の手首付近にもタトゥーを入れているようです。

それは、ブレスレットのように見えるようなタトゥーが一つと、バーコードのようなタトゥーがそれぞれ1つずつ。

ブレスレットのように見える方は、よく見ると、四葉のクローバーになっています。

何かの『願い』や『希望』を抱いてのことでしょうか。

バーコードの方は、安室奈美恵さんの誕生日である1977年9月20日を変換したものをだそうです。

タトゥーの意味は?

もうタトゥーの形を見れはなんとなくはわかりますよね。

左肩のタトゥーは母親と息子を思って刻んだタトゥー。

右手首のタトゥーは自身が生まれたことを感謝し、

これからの未来に希望を持ちたいと願って刻んだタトゥーではないでしょうか。

決してただののおしゃれ感覚で付けたタトゥーでは無いことがわかります。





安室奈美恵さんは母親と死別している?

安室さんの母は1999年に叔父によって殺害されています。

車で引いた後にナタで殴られたようで、正に凄惨な事件だったそうです。

その後、叔父も農薬で自害したそうです。

当時安室さんは結婚し息子を出産したばかりで歌手活動を再開したばかりのとき。

当時はその出来事に引退も考えていたそうです。

しかし、関係者から支えられ、応援され、少しずつ、少しずつ立ち直ったそうです。

母親を大切にしていた安室奈美恵さんは、

いつまでも母親の思いを残しておきたいと、タトゥーにしたのではないでしょうか?

息子・温大くんは離婚したSAMさんとの子供

安室奈美恵さんはTRFのダンサー・SAMさんと1997年10月22日に結婚しました。

『デキちゃった婚』ということで当時は大きくニュースとしてとりあげられました。

しかし、2002年7月に離婚を発表。

親権は安室さんが持ちました。

その後も歌手として活動を続けてらっしゃいましたが、シングルマザーで育児と仕事の両立はとても大変だったでしょうね。

歌手として活動しながらも一時も息子・温大くんを忘れない・大切にするという決意を込めてタトゥーにしたのだと思われます。

まとめとこの記事に対して思うこと。

簡単にまとめるとこんな感じになります。

  • 紅白出場しなくなったのはタトゥーが関係している。
  • 本人はタトゥーを隠して出場することに納得していない。
  • タトゥーにはたくさんの安室奈美恵さんの思いが詰まっている。

現在では、その両腕のタトゥーは徐々に薄くなっているとも言われています。

そのため、紅白出場へのハードルは下がっていると言われていますが、果たして。。。

タトゥーは世間一般として少し悪いイメージがあるというのはなんとなくわかります。

身体にでっかいお絵かきがあるとギョッとするところはありますよね。

でも、それにちゃんとした意味があれば、世の中にも受け入れられると思います。

特に安室奈美恵さんのようなそれほど大きくもないタトゥーであれば、

抗議の電話が来ようと、容認できるところもあるのではないでしょうか。

と、いうか、抗議の電話をしてくる人の気持ちもよくわからないですね。。。

最後までお読み頂き、ありがとうございますm(_ _)m

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加