住吉都 死去!死因は?精神的ストレスか?ソチ冬季五輪代表選手がなぜ!?

衝撃のニュースです!

2014年にソチ冬季オリンピック代表のスピードスケート女子短距離の選手にも選ばれた住吉都(すみよしみやこ)さんが死去されました。年齢30歳だったとのこと。

ご冥福をお祈り申し上げます。

葬儀・告別式の日時、場所は非公表とされています。

死因は自室での死去だったそうですが、理由は何だったのでしょうか。

詳しく調べていきます。

スポンサーリンク

 

 

住吉都(すみよしみやこ) 年齢やfacebookは?

  • 名前:住吉都(すみよしみやこ)
  • 生年月日:1987年3月19日(30歳)
  • 出身地:北海道
  • 最終学歴:信州大学
  • 所属:株式会社ローソン
  • 身長:162cm
  • 体重:56kg

現在のところ、住吉選手に彼氏がいたとの報道はこれまでにありません。

また、facebookアカウントについても確認できませんでした。

ローソンに所属している選手でしたから、個人での練習内容の発信等は難しかったのかもしれませんね。

住吉都 死因や死去の詳細は?

現在のところ、株式会社ローソンが『20日に長野市内の自宅で死去した』ということしか明らかになっていません。

その内容では自殺と読み取ることができますが、オリンピックにまで出場する選手はメンタル面のトレーニングも行います。なので、彼氏との別れ等で自殺と言うことは考えにくいと思われます。

考えられるのは、何かの選考に落ちたか、選手生命を脅かすほどの事実を突きつけられた、と言うことが考えられるでしょうか。

選手の死去はチーム団長を務める小平奈緒さん、そしてチームに大きな影響や動揺を与えそうですね。

原因については随時、更新していきたいと思います。

ネットでの反応は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加