バディサウンドワークス 店長の顔画像や本名は?はれのひ再来の可能性も

1本80万円相当のビンテージのベース等を店に預けたが返却されない状況が起きているようです。

報道されているお店の名前は東京・杉並区の楽器店、『バディサウンドワークス』です。

バディサウンドワークスではベース等の修理も手がけているそう。

楽器を預けた野間口浩さんは4年前に店長より『オリジナルモデルを作る参考にしたい』と依頼され、80万円のビンテージベースを貸し出したそう。

今もベースが返却されていない状態で、去年の9月から突如店が閉店し、店長と連絡がつかない状態になっているようです。

まさに『はれのひ』の事件を彷彿してしまう内容ですね。

詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

 

 

バディサウンドワークス とは

『バディサウンドワークス』は、ギター・ベース・関連機材を主に
カスタムパーツやヴィンテージパーツなど様々なサウンドメイクに
お応えするアイテムを揃えております。

引用:バディサウンドワークス

ホームページのトップには

以下のような注意書きが掲載されていました。

【修理業務に関してお知らせ及びお詫び】
平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
店舗および作業を担当しております店長が
療養のため数日休んでおります。
修理及びメンテナンスの納期遅れが多々増えてしまい
ご依頼頂きましたお客様にご不便・ご迷惑をお掛けしておりますこと
深くお詫び申し上げます。
メールでの修理・お問い合わせへのご返答は
復帰次第折り返しご連絡させていただきますので
何卒宜しくお願い申し上げます。

突然の閉店となると、着物レンタルや販売の『はれのひ』を思い出してしまいますが、この楽器店『バディサウンドワークス』では、ホームページに店長が療養で休むと記載しています。

正に晴れの日に悲しい出来事が起こっていますね。 2018年1月8日の成人の日、早朝、多くの新成人が依頼していた振り袖販売やレンタルを手掛け...

バディサウンドワークスの店長の顔画像や本名は?

バディサウンドワークスの店長の顔画像や本名が気になりますね。

ホームページを調べてみると、店長の顔画像が掲載してありました。

こちらになります。

引用:バディサウンドワークス

ホームページの自己紹介によると店長の名前は山本誠(やまもとまこと)という男性の様です。

バディサウンドワークスの代表とされていますね。

Facebookでは本人のアカウントと思われるものは見つかりませんでした。

ツイッターでは公式のアカウントがあるようで、最新の投稿は以下のようです。

また、バディサウンドワークスのツイッターの自己紹介欄には

以下の様な紹介文が記載してありました。

楽器店 楽器販売&楽器修理 のバディ サウンドワークス(Buddy Sound Works)です。 「遊べる楽器屋」をテーマに音楽ライフサポートいたします。★中古楽器・楽器買取ります★

バディサウンドワークスの場所はどこ?

報道されているバディサウンドワークスのお店の住所は

東京都杉並区高円寺北2丁目35−11とされています。

GoogleMAPではこのあたりですね。

平昌オリンピックで小平奈緒(こだいらなお)選手が非公式ながら500メートルトライアルで世界新記録を達成したことが話題になっていますね。 今...

報道されている事件の詳細は?

東京・杉並区の楽器店で、1本80万円のビンテージのベースなど、修理などのために客が預けた楽器が返されず、トラブルになっていることがわかった。

トラブルが起きているのは杉並区の楽器店「バディサウンドワークス」。4年前、店長から「オリジナルモデルを作る参考にしたい」と頼まれ、およそ80万円のビンテージのベースを貸し出した男性には今もベースが返却されていないという。

(4年前に楽器を預けた)野間口浩さん「一番、思い入れのあるベースですね。採寸をするということで『1~2週間くらいで終わるから』という話で貸したんですけど」

店長には、メールなどで何度も返却を求めたが、「親戚に不幸があった」「携帯の調子が悪い」などと先延ばしにされたという。

店は去年9月ごろに、突如、閉店し、現在は店長の携帯電話もつながらない状態。この店に修理などで預けた楽器が返ってこないトラブルは他にも10件以上起きていて、警視庁にも複数の被害相談が寄せられている。

引用:日テレNEWS

こちらも合わせてどうぞ

高円寺にある楽器店、バディサウンドワークスにて高額ビンテージベースがお店から返却されずに閉店したことが問題になっていますね。 店長の名前は...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加