小林直広 顔画像は? タトゥーの『N』は信者を増やす目的?

えげつないニュースが飛び込んできましたね。

秋葉原のビルの一室に少女を連れ込み、酒を飲ませて、昏睡(こんすい)状態にしたあと、少女のお尻に勝手に入れ墨を彫ったとのことで、自称・投資家の男が逮捕されました。

逮捕された男の名前は小林直広(こばやしなおひろ)容疑者。

最初個のニュースを聞いたときは唖然としました。

女の子が起きたら身体にタトゥー彫ってあるんですよね。(素人レベルの)

いみわからーん。

タトゥーは少女の身体の5か所に『N』の文字が刻まれていたとか。

しかも、小林容疑者は複数の少女に犯行を行っている可能性もあるのだとか。

突っ込みどころ満載なので詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

 

 

小林直広(こばやしなおひろ)の顔画像やFacebook

プロフィール

まずは簡単に小林容疑者のプロフィールです。

  • 名前:小林直広(こばやしなおひろ)
  • 年齢:43歳
  • 職業:投資家(自称)
  • 住所:東京都台東区(?)

自称、投資家ということで、株とかビットコイン等の投資を行っている方なのでしょうか?

報道によると、犯行を行った秋葉原のビルについても借りている場所のようなので、実際の家ではないようです。

オフィスとして使っていたようですね。

オフィスの場所の特定には至りませんでしたが、

このようなビルであるとのことです。

顔画像やFacebook

ネットでは、既にFacebookも特定されていて、顔画像なども明らかになっています。

こちらが小林直広容疑者の顔画像です。

この顔で43歳かよっ!って言いたくなりますが、43歳のようです。

カラコン入れてますね。若干化粧もしてる?

Facebookを一通り見てみましたが、自身の顔画像をたくさん掲載していて、自己顕示欲の強い人物だったようです。

その他にはこんな投稿も。

このコメントから、おそらくは平均月収が100万円を超えているかのようですね。

実際にどのような活動をされているのかは本人も公開していません。

事件の詳細は?

自分が経営に関わるメイド喫茶の従業員の尻に自分のイニシャルの入れ墨を彫ったとして、43歳の男が傷害の疑いで逮捕されました。

2017年11月、逮捕された自称・投資家の小林直広容疑者は、台東区内に借りていた部屋で自らが経営に関わるメイド喫茶の従業員の女性に酒を混ぜたジュースを飲ませ、昏睡(こんすい)状態にした上、尻に自分のイニシャルである「N」の入れ墨を5か所彫った疑いが持たれています。

入れ墨は、安全ピンを皮膚に刺したあと、黒のマジックインクを流し込む方法で彫られたという。

タトゥーの『N』は信者を増やす目的?

今回の事件としては、なぜそのようなことを行ったの?ということが気になりますね。

異常性が極めて強いように思います。

タトゥーは一生消せないと言うことで知られています。

少女に無理やりタトゥーを入れると言うことは、かなり独占欲が強く、小林容疑者の『自分だけのものにしたい』という思いが強いように思います。

報道によると、その少女は

小林直広容疑者が経営に関わっていていたお店の従業員だったとか。

採用した時に相当その少女を気に入ったのでしょうか。

しかし、二人は交際をしていたわけでもないようです。

個人的な見解ですが、小林容疑者は自分の信者を増やす目的でこのような行為を行っていたのでは?と思います。

Facebookに自分の顔画像をたくさん投稿していることから、承認欲求が強く、『自分を好きになってもらいたい』と言う気持ちが溢れていますね。

つまり、ファンを増やしたかったのでしょう。

それで、特に気に入っている子には『愛情確認』としてNのタトゥーを掘っていたといったところでしょうか?

なんだかこういうマンガを読んだことあるような。

報道でも他にも被害者がいる可能性があると報じられており、複数の少女に同様の行為を行っていた可能性があります。

付近の住民の話でも、毎回違う女の子と歩いていたとのことですので小林容疑者はかなりモテる方だったそうですね。

確かにこんな人が毎回違う女性と歩いていたら目立ちますね・・・

しかし、私はまだ20代ですが、このようなことを行っている40代がいると思うとなんだかやるせない気持ちになりますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. バイのタチ より:

    今度は俺が小林直広の尻をガン掘りしてやるよ
    気を失うまで掘りまくってやる