佐藤和洋 顔画像や経歴や家族は? 実は再犯?アルコール依存症の疑いあり?

テレビ局等の報道する人の犯罪が多いですね。

2017年12月17日の夜に、CBCテレビの社員が逮捕されたようです。

報道されている情報によると、郵便物などに火をつけ、自宅を燃やそうとしたとして逮捕されたとのこと。

逮捕されたのはCBCテレビ・営業局業務部の佐藤和洋(さとうかずひろ)容疑者。

なんでそんなことを?と聞きたくなるような内容ですが、

報道によると、酒に酔って暴れていたようで、自宅の階段などに火を放ったそう。おそらく何かしらのストレス等により、酔って我を忘れていたものと思われます。

佐藤容疑者の母親が『息子が酒を飲んで暴れている』と110番通報したことで、逮捕となったようですね。

母親も手がつけられない状態だったようです。

ここで、佐藤容疑者について、調べていきます。

スポンサーリンク

 

 

佐藤和洋の顔画像や経歴・家族関係について

プロフィール

現段階で報道されている佐藤和洋容疑者のプロフィールは以下となります。

  • 名前:佐藤和洋(さとうかずひろ)
  • 年齢:52歳
  • 自宅住所:岐阜市鏡島西1丁目の木造2階建ての一軒家
  • 職業:CBCテレビ・営業局業務部

CBCテレビという言葉を聞きなれないので調べてみると、中部日本放送(CBC)の子会社のようで、中京広域圏を放送対象地域とする特定地上基幹放送事業者のようです。

顔画像

現段階では佐藤和洋容疑者の公開されている顔画像はありませんでした。

今後、捜査が進めば公開される可能性もありますので、情報が更新され次第、追記していきたいと思います。

ちなみに、Facebookも念のため調べてみましたが、同姓同名の人物が多く、特定は難しい状態でした。

家族関係について

佐藤和博容疑者の犯行時に母親が通報したとのことですので、どうやら結婚はしていないようですね。

もしかしたらバツイチの可能性も考えられますが、現段階では異なるようです。

現在は『母親と同居』とされています。

二人暮らしをしているのでしょうか。

父親の情報についてはありませんでした。

佐藤容疑者は現在52歳。

もう定年も見えてくるような年なのに、母親にまで迷惑をかけるとは情けない男ですね。

だいたい母親は25歳位年上と考えると母親の年齢は77歳といったところでしょうか。

母親にとっては息子はいい年して悲しくなる行動ですよね。

佐藤和洋は実は再犯?アルコール依存症の疑いあり?

佐藤和博容疑者について調べてみると、

ツイッターにこのような書き込みがありました。

残念ながら既にリンクは切れていましたが、2014年の2月17日に同姓同名の人物が酒気帯び運転で逮捕されている様子。

当時の年齢が49歳ということで、年も一致するため、この事件を起こした人物は佐藤容疑者とみて間違いなさそうです。

当時の事件の内容としては、

2014年2月17日午前1時半ごろ、岐阜市清本町10丁目の市道で、同じ市に住む女性が運転する乗用車に追突したそうです。

女性は交差点で信号待ちをしていたようで、この女性と助手席にいた同市の飲食店員の女性(30)が軽いけがをしたとのこと。

これにより、佐藤容疑者は道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕されました。

報道によると。呼気1リットルあたり0・15ミリグラム以上のアルコールが検出されたそう。

当時は佐藤容疑者はTBS系列の「中部日本放送」の支社長だったようです。

もうこの時点で『は?』ってなりますね。

酒気帯び運転する人を支社長にする会社もどうなんでしょうね。年功序列の体制が根付いているとしか思えません。

佐藤容疑者は容疑を認め、「買い物から帰る途中だった」と供述していたそう。

ただ、私も当時の事件を知っていたわけではないのですが、

ツイッターではこのような書き込みもあります。

このツイッターの投稿から察するに、どうやら自分の過ちに対してをき直っていたようですね。いますよねー。立場が上だからって好き勝手やる人。

おそらくは、この事件により、佐藤容疑者は逮捕となったようですが、会社は解雇されず、中部日本放送(CBC)の支社長の位を降ろされ、子会社のCBCテレビの営業局業務部の社員になったようです。

普通だったらありえないですよね。

飲酒運転なんかしたら解雇です。解雇。

何故いまだに同じ会社で働き続けることができているのでしょうか?

しかし、支社長の座を降ろされ、平社員となったことに対して、周囲の目も厳しかったのか、そのストレスにより、お酒に溺れるようになってしまったようですね。

アルコール依存症になった可能性もあります。

結果として、今回は酒に酔って暴れ、自宅に火をつけるような行動に出てしまったんですね。

佐藤和洋容疑者が解雇とならなかったのはなぜ?

これまで他の事件でも逮捕となった人はほとんどが会社を退職(辞めさせられた?)する方が多いイメージがありました。

しかし、今回は佐藤和洋容疑者は移動にはなったものの、会社を解雇される事態にはなっていません

なので、佐藤和洋容疑者は何故逮捕とならないのか?について調べてみたところ、原則、業務中ではなく私生活上での出来事(プライベート)では、秩序違反への制裁である「懲戒処分」とすることはできない様です。

会社の名誉に傷がつくなどの会社への被害が大きい場合には、懲戒処分や解雇とすることができるようです。

前回の自動車事故では私生活での過失であったようですね。

また、当時は佐藤和洋容疑者は中部日本放送岐阜(CBC)では支社長の位を持っていました。

本人無くてはならないような情報も持っており、市社長ということでその時は会社にとって必要不可欠な存在だったようです。

これらのことから、佐藤和洋容疑者は懲戒解雇にすのではなく、降格させるという判断を会社が決断したものと思われます。

そのため、中部日本放送岐阜(CBC)支社長から、CBCテレビ・営業局業務部へと移動という対処となったのですね。

うーんでもなんだかぬるい感じもしますよね。

今回の自宅放火事件もその程度の処罰で終わってしまうのでしょうか?

まとめ

今回の事件の内容をまとめるとこんな感じです。

  • 佐藤容疑者は酒に酔って自宅に火をつけた。
  • 佐藤容疑者の母親が通報
  • 過去にも酒気帯び運転で事故を起こしている。
  • 事故を起こしたが会社は解雇されず、降格となっていた。
  • 再犯のため、アルコール依存症の可能性あり。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加