葛飾区金町で火事 女子中学生の孫と祖母が死亡、母親は軽傷

この季節は本当に火事が多いですね。

2017年11月17日、東京都葛飾区金町の住宅で火事が起きました。

家から火が出ていることに気が付いた近隣住民が119番通報したことで火事が発覚したそうです。

通報を受けて消防車が駆け付け、火は3時間後に消し止められました。

出火した家に住んでいた家族3人が病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けましたが、祖母と女子中学生の孫の死亡が間もなく確認されました。母親は軽傷で命に別状は無いとのことです。

火事の原因は何だったのでしょうか?

当時の状況などを含め、詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

 

 

葛飾区金町で火事 事故の詳細は?

火事が起きたのは、2017年11月17日午前4時50分頃の早朝

現場は東京都葛飾区金町3丁目の木造住宅の2階とのことです。

火事の規模は大きく、約30㎡が燃える大きさだったようですが、火事が起きたのは早朝であたりも暗い時間帯だったため、発見が遅れたのでしょう。近隣住民から「家から火が出ている」などと消防局に119番通報があったことで発覚しました。

この通報を受け消防車21台が駆けつけるとともに、消火活動が行われ出火から約3時間後に鎮火しました。

この火事で、出火した家に住んでいた家族3人が病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けましたが、この家に住む72歳の祖母と、孫で中学3年生の女の子の死亡が間もなく確認されました。母親は軽傷で命に別状はないとのことです。

この家には祖母、母親、女子中学生の孫の計3人暮らしで、3人はいずれも2階で寝ていたということです。

葛飾区金町で火事 火災の原因は?

東京都葛飾区金町の火災で、出火原因は電気ストーブ、もしくは煙草が原因とみられています。

出火元は2階の和枝さんの寝室からと見られており、部屋には電気ストーブや煙草の跡があったということです。

出火当時、和枝さんは2階の部屋で1人で寝ており、足が不自由だったということです。

理紗子さんと母親は2階の別の部屋で寝ており、火事に気付き1階に避難しようとしましたが、理紗子さんは和枝さんを助けに行きました。

しかし、出火元の和枝さんの寝室の燃え方は激しく、煙を大量に吸い一酸化炭素中毒で気を失ったか、火事に巻き込まれたとみられています。

葛飾区金町で火事 火災の現場はどこ?

火災現場は、東京都葛飾区金町3丁目に位置する木造住宅。

京成金町線・京成金町駅から東方向に約600mの地点で、住宅地の一角です。

GoogleMapではこのあたりですね。

葛飾区金町で火事 ネットの反応は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加