キングダム 540話の観想 『消耗戦』 秦軍全体の問題?

この記事はキングダム539話の感想です。ネタバレを含みますのでご注意を。

先週のキングダムでは、朱海平原で二日目が終わり、秦の右軍と左軍共に善戦している状況でしたね。

ただし、中央の飛信隊は武功をあげれずフラストレーションが溜まり、仲間内でひと悶着。

穏やかな二日目の夜のはずでした。

そんな時に橑陽城付近の戦いにおいて、舜水樹(しゅんすいじゅ)の夜襲により、副将の壁(へき)は兵糧をすべて失ってしまいます。

あまりの失態に驚愕する壁。

今後、壁はどのような行動を起こすのでしょうか?

注目のキングダム540話『消耗戦』、詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

 

 

キングダム539話までのあらすじ

秦・総大将王翦(おうせん)を筆頭に、趙の『業』城を攻めるために侵攻中。

しかし、王翦は目標とする業城が難攻不落な完璧な城であることを知る。

そのため作戦を変更し、業への兵糧攻めを実行する。

当初・業が不落の城であるため、落ちることはないと考えていた趙軍の将・李牧にも一筋の汗が落ちる。

計画を阻止せんとして、趙軍は秦軍と業より北西の朱海平原で激突。

初日、左の地での戦い。

秦軍・麻鉱軍と、趙軍・紀彗軍との戦いは、蒙恬の活躍により圧倒的優勢に見えていたが、李牧の奇襲部隊により、将軍麻鉱が討ち取られてしまった。

一転して指揮官を失った軍の流れは一気に趙軍に向き、秦軍壊滅するかと思われたが

蒙恬の指揮により、紀彗軍を撤退させ、初日を終える。

二日目、激化する右の地での戦い。

開戦していきなり趙我龍の奇策により、王賁率いる玉鳳隊(ぎょくほうたい)は岳嬰軍・趙我龍軍の挟撃を受け、絶体絶命の窮地に陥る。

しかし王賁は動じることなく、本隊とは別に少数精鋭の隊を率いて岳嬰軍・趙我龍軍の隙間をかいくぐり、脱出。

敵将を愕然とさせる起死回生の一手に、馬南慈軍はなす術なく猛攻を受ける。

王賁の予想通り、亜光軍からは千人称『亜花錦(あかきん)』が活躍し、挟撃によって馬南慈軍を端から徹底的に掃討する。この流れは止まることはなかった。

朱海平原の二日目の日没を迎えた。

初日とうって変わって二日目の軍配は秦軍に上がった。

副将・麻鉱のいない左軍は戦力で勝る紀彗軍に対し、秦軍の将・蒙恬が狙った通りの展開になった。柔軟で対応した蒙恬の活躍と言える。

右軍の戦いでは、王賁の奇策と亜光軍の働きにより趙軍の将・馬南慈の首級こそ挙げなかったが、その軍を徹底的に叩くことに成功。馬南慈軍はその日、再起不能なほどの打撃を受けた。

しかし、橑陽(りょうよう)城では事態は一変。

深夜、天幕にいた壁(へき)に耳を疑うほどの急報が届く。

間もなく馬に飛び乗り、全速力で駆けさせた先に壁が見たものは、

激しく火柱が立つ壁軍の兵糧庫だったーー。

キングダム540話『消耗戦』内容をざっくり言うと?

敵将・舜水樹(しゅんすいじゅ)は犬戎族が対趙国用の避難経路としていた地下通路を使用して壁の兵糧庫に火を放った。

壁の兵糧庫は虚しくも僅か数時間で火がつけられた兵糧はすべて炭となった。

壁が失った兵糧は全体の半分。万が一のために兵糧を分けていたが、その兵糧には楊端和達の分も入っていた。

三日目にはいり、壁は夜明けの失敗を挽回しようと先頭に立って大々的に攻撃に出たが大きく失敗。大打撃を受ける。

壁は兵糧の援助を送ってもらうべく他の連合軍に伝者を放っていたが、趙兵によって包囲されているため、伝者は届くことはなかった。

一方、亜光(あこう)、王賁(おうほん)率いる右軍では、趙軍側に中央軍から援軍兵1万が到着。

放った援軍は元三大天・藺相如の『武』を担う暁雲(ぎょううん)率いる軍勢だった。

キングダム 540話 観想 秦軍全体の問題?

今回の回で壁の軍がダメージを負い、その焦りも手伝ってかなり危機的状況になっていることはわかりました。

しかし、これが538話の最後に予告された『秦軍全体の問題につながる』というものの伏線回収だとしたら少しモノタリナイナーと感じます。

どちらかといえば、壁の兵糧を失ったことよりも、朱海平原、業城、橑陽城との連絡線が途絶えたことの方が大きな問題のように感じます。

1ページでまとめられてましたが・・

今回のように何かしらの目的で、味方の軍と連絡を取りたいときに伝者を送れないのは致命的でしょう。

更に、例えば業城の飢餓が侵攻し、城が解放されたとして、その知らせはどのように行うのでしょうか。

逆に、どこかの場所が敗北したとしても味方の軍には伝えなくてはなりません。

その伝達手段が遮断されたということになるので、かなり危険なことになります。

他にできるとすれば狼煙ですかね。。。

何にせよ、どこか一つの戦場が撒ければそれを伝える術がないため、『敗北』ではなく『全滅』が確実と言えるでしょう。

でも、最終的に業城が解放されたとして、また仮にそれを知らせる伝達手段があったとしても、戦場を離れて業城まで行くのに橑陽城付近の楊端和らと朱海平原の王翦らが業城に向かうとき、バンバン背中討たれそうですよね。

いつもの戦のように、国境付近ではないので、勝ち負けが決まったとしても趙軍の猛攻は続きそうですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加