キングダム 531話 『潮目』観想 532話予想

キングダム531話『潮目』について書いていきます。

先週までのキングダムは業攻めにおいて、朱海平原での左翼の戦いが描かれており、

秦軍の麻鉱(まこう)軍楽華(がくが)隊

敵の趙将・紀彗(きすい)軍猛攻を仕掛け、

さらに信が率いる飛信隊(ひしんたい)が参戦し、

いよいよ紀彗が討ち取られるかと思われていました。

しかしその時、

趙の総大将李牧(りぼく)が電光石火のごとく秦軍の後方から現れ、

麻鉱の喉元を剣で貫きました。

この後残された信と蒙恬はどのように行動を起こすのでしょうか!

詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

 

 

第531話『潮目』かんたんなストーリー紹介

麻鉱が振り向いたその時、後ろには突進してくる李牧がいた。

油断していた麻鉱は鉾を持たない状態であり、

迫ってくる敵が李牧と気づいた頃には既に時が遅かった。

倒れる麻鉱。

退散する李牧率いる別動隊。

何が起こったか理解できず、動揺する両軍。

時は遡り、開戦前ーー。

李牧が率いる別動隊を送ることに異を唱える趙将たち。

右翼の将・馬南慈 はこの別動隊を

『軍を率いる敵将の首を一撃で狩る”刺客”の如き別動隊』と説明。

加えて李牧は、この戦は両翼の戦いが重要であると説明する。

更に、相手の両翼に隙があれば李牧自身が介入するつもりだと言う。

今回の麻鉱への電光石火の如き急襲は李牧の計らいであった。

この急襲により、

息を吹き返した紀彗は李牧が麻鉱を打ち取ったことを声高く叫ぶ。

混乱する両軍。

紀彗の檄により趙副将・馬呈(ばてい)も進撃を開始する!

信は李牧の急襲に対し、怒りに震えていた。

次の一手に河了貂が迷っているとき、信は真っ先に走り出した。

その行く先は・・・撤退する李牧の急襲部隊!

この行動はどう出るか・・・!?

今回のストーリーの感想

秦軍の左翼将・麻鉱が打たれたことで、

秦軍は大きく混乱し、趙軍は息を吹き返しました。

秦軍は司令塔がいなくなった状態。

これまでの戦いで蒙恬が活躍したおかげて秦軍に数の利があるとはいえ、

趙軍によって粉砕されるのは時間の問題でしょう。

予想では、以前、信は麃公将軍の残党を率いて戦ったことがあったため、

それと同じく麻鉱軍の残党を蒙恬・信が引き受け、

紀彗に攻め入ると思っていましたが、

違っていましたね。

もしかしたら蒙恬は現在も攻め続けているため、

そのようになるかもしれませんが。

信はまさか、撤退する李牧を狙うとは・・・!

以前の黒羊丘戦で桓騎(かんき)が村焼きを行ったことで桓騎軍と争った時もそうですが、

いつも信は危険な道を攻めていきますね

これが麃公将軍の言っていた信の本能型の行動ということでしょうか。

少し疑問に思っていたのですが、

秦軍の大将・王翦(おうせん)将軍は信のことをどう思っているのでしょうか? 

王賁と蒙恬のことは軍略でそれだけの才を持っていることは理解してそうですが、

信に関しては王騎(おうき)の矛を持ってはいるが、

それほど期待はしていないように描かれている気がします。

むしろ壁(へき)と同じく、単純で”利用価値がある”程度に見ているかと。

なのでもしかしたら、

今回の撤退する李牧を急襲することは予測していたのかもしれませんね。

攻めてきた李牧を討つ為、左翼に送り込んだのかも。


これからの展開予想!

蒙恬がこれからどのような行動を起こすかはわかりませんが、事実上、左翼で紀彗軍に相対している将は蒙恬一人だけ。おそらくこれまでの予測と同じように麻鉱軍を率いて戦うかと思います。

でなければ、紀彗は秦の左軍を撃破して中央軍に攻め入るでしょう。

そして、信は李牧を攻めに行きましたが、『最大の衝撃』と言えど、ここで李牧が討ち取られることはないので、この追撃は失敗するでしょう。

思うのは、信はここらで傅抵(ふてい)・カイネと衝突し、決着となるのでは?とも思っています。

 ※傅抵・カイネは趙のホープのような存在であり、信のライバル的存在

というのは、史実では趙はこの秦の業攻めを許してしまい、業は陥落となります。

その後間もなく、趙は滅びるはずなので、傅抵・カイネは信が将軍となった後のライバルとはならないと思うんですね。

以前に信と傅抵は合従軍戦で李牧が蕞を攻めたときに対立しました。その時は信が傅抵のスピードについていけず、苦戦していましたが、羌瘣(きょうかい)との特訓を思い出し、反撃。

傅抵はその後、竜川(りゅうせん)の突進で城壁から吹き飛ばされました。

強さでは傅抵の方が上そうですが、今回はどうでしょうか・・・?

直近で趙の国門・列尾(れつび)を攻めたときは信は王騎の矛が重すぎてまともに戦えずにいました。

まだ同じ状況なら、到底、傅抵のスピードにはついていけないような気もします。。。。

また、麻鉱が討たれて秦軍の大将・王翦も黙っているわけはありませんよね。

ここしばらく王翦は登場していません。

もしかしたら麻鉱が討たれることは王翦のストーリー通りかもしれませんが、ここらで何かしらのアクションを起こしてくるのでは?と考えています。

以上、キングダム 531話 『潮目』観想・予想でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございますm(_ _)m

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加