キングダム 530話 観想 必殺の別動隊

今回も急展開を迎えました。キングダム 530話『必殺の別動隊』

少し前の話から、急に(しん)が左翼に参戦したもので、おそらくストーリーとして何かしら起こるだろうとは予測してましたが、いきなり大きなカードを切ってきましたね。

今回の『横槍』は李牧(りぼく)の計算の内だったのでしょうか?

まずはざっくりと今回の『必殺の別動隊』ストーリーについて振り返ります。

スポンサーリンク

 

 

『必殺の別動隊』かんたんなストーリー内容

王煽(おうせん)の命令により、

信は趙の紀彗軍(きすいぐん)に対する楽華隊(がくがたい)・麻鉱軍(まこうぐん)に参戦。

タイトル通り、『必殺の別動隊』として信が紀彗を討ち取るというもの。

左の戦場では、追い詰められた紀彗軍は丘の上に陣を敷き、戦っているも、

楽華隊と麻鉱軍の猛攻により、苦戦中。

飛信隊の進撃に気づいてはいるが、ここで退却しては一気に崩壊すると考え、現状維持を決断。

そこで、過去に羌瘣によって討ち取られた離眼の将軍・劉冬(りゅうとう)の親衛隊が飛信隊に立ちはだかるも、再度・羌瘣によって撃破。

飛信隊の進撃に手柄を取られると焦る蒙恬(もうてん)

どれでも本命になりうる三軍の同時攻撃こそが最も恐ろしい戦局だとし、一気に攻めに出る余裕の麻鉱

紀彗に焦りの色が見えつつも、本陣は捨てないことを決断。

ここで、紀彗は何かに気づく。

全軍攻撃を命じた麻鉱のすぐ後方より

李牧、急襲。

麻鉱の首に李牧の剣が突き刺さるーー。

今回のストーリーの観想

紀彗軍は相変わらず丘に登って籠城するのが好きですね。

紀彗の離眼兵自身が崖から駆け降りての急襲を得意としているため、劣勢の状況を打破するために行った策なのでしょう。

おそらく、李牧は『紀彗軍が窮地になると丘に登り、籠城する』そして、『麻鉱軍が全軍攻撃を行う』ことを予測していたのでしょうか。

麻鉱が全軍攻撃を行って手薄になった後方から急襲したのでしょう。

ただ、そうなると、李牧は戦場の周りを旋回・かなり遠回りをして後方に回ったと言えます。

そして、最後の紀彗の反応を見る限り、ここで、麻鉱軍にスキができること、このチャンスを李牧が見逃さないことを察していたのでしょう。

この様子から、紀彗の軍略としての実力が読み取れますね。

逆に、これを読めていなかった麻鉱は李牧・紀彗との軍略の差がかなり大きいように見えます。

ちなみに、まだ飛信隊の進撃時に那貴(なき)が描かれていますが、まだなんとなく飛信隊の一員というところに違和感を感じますね。

麃公軍から移籍してきて、横から文句を言った時の我呂(がろ)の時のような感じ。

元々は秦将軍の桓騎(かんき)の側近を務める千人将でしたが、黒羊丘(こくようきゅう)の戦いで、”飛信隊で食う飯が旨い”という理由で飛信隊への移籍を表明し、激怒する桓騎兵に追われながら、ボロボロになりながら、飛信隊に加わりました。

ただ、そのシーンはほぼ省略されています。

ここらで那貴が活躍するシーンが欲しいものです。

注目すべきはこれからの展開

今回のストーリー最後、李牧の急襲により秦の左翼将軍・麻鉱が討たれました。もうすでに麻鉱よりも将軍としてのオーラを放つ蒙恬が活躍していますが、とはいえ、左翼の要です。

秦軍としては大きな力を失ったことでしょう。

ここから、指揮官を失った麻鉱軍は混乱が起こりそうですね。

もし、次号あたりで信もしくは蒙恬が紀彗を討ち取ることができないのだとしたら、その混乱に乗じて紀彗の勢いは復活し、押し返しが行われるかと思われます。そうなると麻鉱軍を信・蒙恬が受け持ち、紀彗軍と相対することになるかと。

当然、李牧は今回の急襲で麻鉱の裏を取りましたが、そこは秦軍のど真ん中。ここから引っ掻き回すことはできないであろうし、もしそこにとどまるようなら、紀彗よりも標的になる事が予想されます。

今回の急襲後はすぐに退却するでしょう。

ただ、恐るべきはその移動力。一応、戦場となる朱海平原(しゅかいへいげん)は趙国の領地。

今回の事がうまくいっただけならすぐに退却するでしょうが、王煽の目を盗んで秦軍の後方側から迂回しての急襲ができるなら、いつでも攻撃ができるということであり、秦軍としては脅威になりますね。王煽、亜鉱(あこう)、王賁(おうほん)も標的になりそうです。

李牧退却の線で考えると、前回の話の最後に『朱会平原、開戦初日、最大の衝撃 近し』と記載されていましたので、ここらで紀彗が打ち取られる可能性はあるでしょうね。

少し書きすぎました・・・

では、次号の展開に期待します!^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加