山田ルイ53世 受賞 引きこもり経験が現在の発言に説得力!『小説とか書いてもらいたい』

山田ルイ53世 受賞

お笑いコンビ・髭男爵山田ルイ53世がラジオにて『第24回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞』を受賞したことを発表し、注目が集まっています。

スポンサーリンク

 

 

山田ルイ53世 受賞したのは『第24回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞』

髭男爵の山田ルイ53世が受賞したのは『第24回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞』。

全く聞きなれない名前の賞だが、報道によると以下のように記載されている。

大手出版社の編集者100名の投票で、国内の雑誌媒体に掲載された記事や企画に対して贈られる。山田は昨年月刊誌『新潮45』(新潮社)に連載した「一発屋芸人列伝」で「作品賞」を受賞した。

大手出版社100名ともなればそれなりの大きな賞のようにも思えます。が、内容を見ると『一発屋芸人』として注目された芸人の中での賞のようです。

うん・・まぁ、賞を取ると言うことはそれだけ注目されていると言うことなので、称えてあげたいところ。

ミヌ 自殺? 韓国アイドルグループ「100%」のミヌさんが死去したとして報道されています。 突然の訃報と言うことで、ファンの間では悲しむ...

山田ルイ53世 受賞 引きこもり経験が現在の発言に説得力!『小説とか書いてもらいたい』

https://twitter.com/joqrpr/status/977056991959924736

山田ルイ53世が『第24回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞』を受賞したことから、山田ルイ53世の別の点にフォーカスがあたっている様です。

それは、山田ルイ53世が引きこもりであったということ。

芸人として、お笑いコンビとして『エンタの神様』等に出演する前は引きこもりであり、テレビなどのメディアに出演するような人物ではなかったそう。

その内容は自身の引きこもり経験をつづった『ヒキコモリ漂流記』(マガジンハウス)にて発表しているとのこと。

しかし、私が思うには人生にはそのような暗黒の時代を経験すべきだとも思います。

山田ルイ53世はその引きこもりの経験があるからこそ、現在では自身の経験を含めた重いコメントをすると言うことでも有名なようです。

女優や俳優も、自身の経験がないと役柄の気持ちでリアリティのある表現はできないと言うが、コメンテーターにも同じことが言えるだろう。

ただ単に吠えている人の言葉には説得力がないが、自信の経験があるからこそ、その言葉には説得力が生まれる。

そういった意味では、山田ルイ53世の引きこもり生活は現在でもしっかりと意味を成していると思います。

内田有紀 転機 内田有紀さんがNHK連続テレビ小説『まんぷく』のキャストに選ばれたことで注目されていますね。 現在の内田有紀さんが名女優...

山田ルイ53世 受賞にネットの反応は?

正直、ネットのコメントをみて驚愕しました。

お笑い芸人の方がYahoo!ニュースなどで特集されると、そのたびに『面白くない』『○○の方が良い』として叩かれることがほとんど。

その度にまだまだ世間の需要と持ち上げられ方に差があるなと思うのですが、山田ルイ53世については、

『面白い』

『才能がある』というコメントがほぼ全てでした。

一発屋と言われながらも、しっかりと世間の評価を得ている証拠ですね。

こういった方にメディアに出てきてほしいと思います。

以下はネットのコメント抜粋です。

●個人でなら普通に活躍できると思う。

●この人の文章はまぁ面白い。
構成がよくできてる。
芸人じゃなくても成功したタイプだと思う。

●そもそも一発屋って騒ぐのはテレビしか見ないでマスコミの情報をすぐ鵜呑みにする人だよね。
お笑いを好きな人ならその人の魅力は売れた一発芸だけじゃないことをちゃんと理解してるはず。

●この人は結構文才があると思う
小説とか書いてもらいたい

●最近ではワイドなショーにも、度々出てるし、才能が再認識されるのは個人的にはすごく嬉しい。
ラジオを聴いている檀家の皆さんはもちろん知ってるけど、頭いいし、話面白いし、メディアへの露出が少ない事が不思議な芸人の1人だと思う。

●たまーに見てたけど
構成とオチがしっかりしてて
とても面白いです

●ルネラジまだやってたのか
あそこはラジオ好きが行き着く最後の船着き場にして極地
カルト的人気がある男爵様ですが日の当たる場所で活躍してくれるよりまだまだ日陰者の代弁者として頑張ってもらいたい

●今日のワイドナシナョーでも出てた。看板⇒ワインの乾杯ときて、最後に店の名前を出したのが良かったなあ。

●しゃべり&文章とも構成力に優れている。
今後、更なる活躍に期待したいと思う。

●以前何気に見ていたダウンタウンの番組だったかと思いますが、せんだみつおさんと出ていた時に大先輩…と言うか普通に目上の方なのに、明らかに芸ではなく素でものすごく失礼なことをしつこく口走っていて、私の中では特に気にもならなかったのに、その人間性から大嫌いなタレント1位になりました^^;
なのでコメンテーターとかしてると知り、びっくりしています…。

●好き嫌いはあるかも知れないけど、文章、面白いと思う。
自分達のことを書くときも、飾らなすぎるくらい、飾らない、本音を感じるし、構成も、読ませるし引き込まれる。

●相方はともかく、この方好感もてます。
頑張ってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加