桂文枝 浮気相手(紫艶)のその後は? 『新婚さんいらっしゃい』は終了か?

桂文枝さんの不倫報道が騒がれていますね!

2016年にも桂文枝さんは不倫がスクープされていて、その時に『不徳の致すところ』と発言していたことが記憶として残っています。

そんな中でまた不倫!

全く、頭の中はピンクかもしれませんが、反省の色だけはありませんね!

今回は、前回の浮気相手の紫艶(しえん)さんと、

今後の桂文枝さんの活動について

記載していきます!

スポンサーリンク

 

 

紫艶・プロフィーユやWiki

プロフィール

  • 芸名:紫艶(しえん)
  • 本名:中江ひろ子(なかえ ひろこ)
  • 生年月日:1978年1月17日
  • 出身地:兵庫県尼崎市
  • 身長:165cm
  • スリーサイズ:バスト90cm、ウエスト60cm、ヒップ88cm
  • 職業:セクシー女優(元演歌歌手)

かんたんな紹介

2人は紫艶が18歳の頃に交際がスタート。

大阪・梅田のマンションや文枝の定宿であるニューオータニで逢瀬を重ね、その関係は20年に及ぶ。文枝は紫艶の名付け親でもある。

「今回、最初に載っている写真は、2~3年前の独演会のとき、楽屋に押しかけてきて撮った写真。 それ以外はかなり大昔の写真で、本人はフェイスブックにアップして『知人だけに公開できる設定にしていたのに、 パソコンの不具合で流出したのかも』なんて言っているそうですが、 別れ話がもつれてわざと流出させたのではと囁かれています。」

「私が親密になった男性は生涯、師匠だけ」とも語っているだけに、 ちょっとやそっとの関係でないことは確かなよう(所属事務所の吉本興業は「交際の事実はない」と否定)。

紫艶は現在、都内でホステスをやっているそうで、芸能界は事実上引退。

浮気相手のその後の活動は

紫艶さんは現在はセクシー女優として活動しているようです。

もう演歌歌手としては活動していないようですが、Twitterもやっていて、日々、日常の様子をつぶやいているようです。

ただ、投稿の中には、

『一人だからちょっと寂しい』

『眠れない夜にひとり考えること』

等、比較的ネガティブなワードが良く見られます。

少し驚いたのは、桂文枝さんと紫艶三との20年来の不倫がスクープされてもう1年になりますが、彼女の中ではまだ忘れられない存在なのか、

つぶやきの中に

『20年間愛した人の夢を見て、号泣して・・』

という内容がありました。

20年と言う歳月は紫艶さんには重く、1年経過したいまでも忘れられない存在なのですね。

この様子から、二人が今回のスクープが理由で別れることになったのかどうかはわかりませんが、『別れるしかない』状態になったことは確かですね。

このことをきっかけに芸能界を引退されたとのことなので、おそらくこのスクープがきっかけで別れることになり、このスクープの直前まで付き合っていたのでしょう。

紫艶さんは

『師匠は後輩から厳しい人と畏怖されているが、プライベートでは優しいし尊敬できる人。私にとって師匠であり、父親(のような存在)であり、恋人です』

と、大事な存在であることを強調してコメントされていました。

当時のスクープ写真も残っていましたが、とっても過激!

しかもがっつり二人の写真が掲載されていますね。

これは『複数人でいた』とか『たまたま』なんて言い訳はできませんね~。

新婚さんいらっしゃいは終了か?

今回のスクープはおそらく芸能界での桂文枝さんの評判を著しく低下させたものと考えられます。

前回の紫艶さんとの不倫からそこまで時間も経過していませんし、今回は言い訳もしない、記者会見も開かないと、視聴者が納得するはずがない態度ばかり。

桂文枝さんの番組と言えば、朝日放送の『新婚さんいらっしゃい』が有名ですが、こんな不倫報道が出てしまっては、視聴者もそっちのネタが気になりすぎて、新婚さんの話なんかどうでもよくなってしまうでしょう。

そういう意味では、少なからず世間を騒がせたという意味で謝罪が必要になるでしょうね。

また、謝罪したからと言って、続けられるのかといったら怪しいところです。

なんせ、二度目ですから。

二度あることは三度あると言いますし、このまま出演してしまったら、新婚さんに『いまは浮気していないんですか?』なんて質問が飛んできてもおかしくない状態になります。

続投が不可能となれば、代役を立てたり山瀬まみさん一人で続投することも可能でしょうが、『同一司会者(桂文枝)のトーク番組の最長放送』として、過去にギネス認定をされたことのある番組を、桂文枝さん無しで続けると言うことはないかと思います。

となれば、番組の終了は余儀なくされるでしょう。

もしかしたらそれに伴い、番組の続投を妨げたとして違約金も発生するかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加