映画『亜人』 主演キャストは佐藤健×綾野剛 るろうに剣心チーム再来

映画『亜人』の予告編がYOUTUBEにて公開されています。

本作は講談社の『good!アフタヌーン』にて連載中のマンガ『亜人』を実写化したもの。

主演キャストには佐藤健さん、綾野剛さんという今注目の二人。

現在公開されている『予告編』からその映像の凄まじさが伝わります!

気になる映画の内容について触れていきましょう。

本映画は2017年9月30日公開予定です

スポンサーリンク

 

 

新生物・亜人とは?

本映画での亜人とは、講談社の『good!アフタヌーン』にて連載中のマンガ『亜人』のストーリーにて語られている、『死ぬことがない新生物(人間)』の事を指します。

日常生活において自らが亜人であると気づくことはなく、一度生き返る事によって自らが『亜人』であることを初めて自覚します。

17年前のアフリカにて初めて亜人が発見され、現在では全世界で47人、日本では2人しか確認されていません。その発祥元についてはまだ語られていません。

亜人は自らの身体からIBM(アイビーエム)とよばれる常人には見えない未知の物質・黒い粒子を出現させることができ、日本では『別種の力』や『黒い幽霊』と呼ばれています。それは、流動物もしくはヒト型に構成され、出現者はラジコンのように操ることができます。

もし、事故などによって、身体の一部が損傷した場合、本人が『生き返る』ことによってIBMが損傷した部分を補填するように物質変換され、損傷部位が元通りになります。

本映画でのストーリー・登場人物について

研修医であり、普通の『人』であった永井圭は、ある日、事故によって自分が亜人であることを自覚する。

その事故を目撃した人により国家の研究機関に報告され、圭は研究のためのモルモットとなってしまう。

そこに、人類に牙をむく亜人テロリスト・佐藤が現れる。

圭は佐藤によって研究機関から救出されるも、佐藤の非人道的な国盗りゲームに共感できずにいた。

自分が亜人であり、国からも終われる存在である圭は、その立場に葛藤しながらも佐藤と対立。

佐藤と圭。亜人同士の戦いが始まる。

主なキャストについて

永井圭 役:佐藤健
戸崎優 役:玉山鉄二
田中功次 役:城田優
奥山 役:千葉雄大
下村泉 役:川栄李奈
高橋 役:山田裕貴
永井慧理子 役:浜辺美波
佐藤 役:綾野剛

終わりに

実際のマンガでの登場人物と印象が異なる方も数名いますが、そこは監督の考えもあるのでしょう。

個人的には佐藤役を綾野剛さんが演じることに驚愕しました。

原作だと佐藤は無敵のおじさん(おじいさんにも近い?)という謎の人物。佐藤と綾野剛さんじゃ年齢的にちょっと違うんじゃない?と、最初は思いましたが、予告編でハンチング帽被っての銃撃戦を見ると佐藤そのもの。また、”細目”と謀略と楽しさを追い求める”笑み”はまさしく佐藤でした。

『圭』については原作では高校生でしたが、今回は研修医。ちょっと印象が異なりますね。今回の『亜人』の実写化では、佐藤健さん、綾野剛さんを始め、何名かは映画『るろうに剣心』のアクションチームが参加しているとのこと。また、お二人は2年も前から肉体強化に努めていたとのことなので、今回の『亜人』は相当アクションについての”こだわり”があるようです。おそらく、そのために佐藤健さんを永井圭に選出したんでしょうね。

主演ではありませんが、下村泉役の川栄李奈さん・・・こちらも同様に『亜人』の役ですが、本当にここ最近は快進撃ですね。AKB時代ではあまり見せなかった演技力が露出し、最近メディアに出まくってますね。いや、でも本当に彼女の演技は素晴らしいと思います。

映画・亜人。本当に楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加